【日本代表】言った責任...三笘薫ダメ押し弾「もっともっと気持ち出さないと」海外移籍で内面変化

【日本代表】言った責任...三笘薫ダメ押し弾「もっともっと気持ち出さないと」海外移籍で内面変化

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/09/26
No image

22年9月23日、日本対米国 後半、ゴールを決め、喜ぶ三笘(撮影・パオロ ヌッチ)

<国際親善試合:日本2-0米国>◇23日◇ドイツ・デュッセルドルフ

「発言者・三笘」が、結果で黙らせた。1-0の後半23分から途中出場の日本代表MF三笘薫(25=ブライトン)が、同43分にダメ押しの得点を決めた。ペナルティーエリア左の「三笘ゾーン」から、ゴール右へ決めてみせた。「その前にチャンスが2、3個あって、ミスを取り返せたことは良かったけど、本番ではああいうところを決めきれないと、最後のチャンスもなくなってくる」と自分に厳しかった。

チームにも高いレベルを求めてきた。6月のキリン杯決勝・チュニジア戦。0-3と惨敗後、三笘はオンライン会見の場で「狙いの細かさが全然足りていない」「フィールド内での対応力に頼ってしまっている」と課題を指摘。チーム批判とも捉えられたが、三笘は堂々としていた。「言葉だけで出てしまうので。批判的に見られたり、そういうところもあると思うんですけど。感じたところは言っていかないといけないですし、全然問題ないと思いますし。自分たちも客観的に見えていない部分もあるので、そういったところの声はしっかり聞くべきだと思います」。黙ってはいられなかった。

海を渡ったことで、より、世界を意識するようになった。今夏復帰したプレミアリーグのブライトンでは、4試合出場。出場時間は全て30分以下、無得点と苦しい時間を過ごすが「試合は出れていないですけど、練習から高いレベルでやることで、ここに還元できることはたくさんある」と常に日の丸を意識してきたからこそだった。

全てはW杯で勝つため。「あの試合(チュニジア戦)もそうですし、今後自分たちもW杯で勝ちたい気持ちはどんどん強くなっているので、そういう言葉になったというのはありますね」。普段は寡黙な男だからこそ、発する言葉に意味がある。「どの相手でも、こいつは通用すると思われるようなプレーをしたい」。言葉と数字を連結させる。【栗田尚樹】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加