「おい、司!一緒に大分に帰ろう」プロ17年目を迎えた梅崎司が多くのサポーターに愛される理由

「おい、司!一緒に大分に帰ろう」プロ17年目を迎えた梅崎司が多くのサポーターに愛される理由

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

2019年5月の大分戦。オナイウと競り合う梅崎。試合後には大分サポーターから温かい声援を受けたという。写真:田中研治

No image

大分への移籍が決まった梅崎。これまで所属したクラブでは常に愛される存在だった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

「ただいま」「おかえりなさい」

14年ぶりの復帰にふさわしい加入となった。

今月20日、J1湘南から大分に完全移籍したMF梅崎司のオンライン会見が行なわれた。

プロ17年目。思えば、梅崎ほど多くのサポーターに愛されている選手はそうはいない。そう感じられる光景を何度も目にした。

湘南所属時の2019年5月12日。J1・11節のホーム大分戦。

先発した梅崎は両チーム最多タイの4本のシュートを放ち、71分までプレーしたものの、結果は1-0の敗戦となった。

試合後、梅崎はひとりアウェースタンドに向かった。

この年、大分は6年ぶりのJ1での戦い。自身、古巣への感慨があっての挨拶だった。
近づくと大分サポーターからこんな声が聞こえた。
「おい、司!一緒に飛行機に乗って大分に帰ろう!」
「関東はもういいだろ。一緒に帰ろう!」

小さくうなずき、両腕を挙げ、その声に応えた梅崎。後日、聞くと、嬉しさでその瞬間、涙が出そうになったという。

そして、今年6月20日。J1・18節のアウェー浦和戦。

開幕直前、腰の故障で出遅れたものの、戦えるコンディションに高め、出場機会を得た。「浦和戦は特別なゲーム」と公言するように、梅崎は途中投入された4分後の87分、3点目となるDF岡本拓也のゴールをアシスト。見事なクロスだった。

試合後、DF岡本、MF山田直輝の3人で埼スタを一周すると、浦和時代の背番号7のユニホームが掲げられ、温かい声援があった。

「おかえり、ウメちゃん」「また埼スタで」
勝敗に関係なく、浦和サポーターと埼スタで交わす年に一度の心の交流だ。

「(サポーターに愛されていると)すごく感じています。自分の生き方を肯定してくれるというか……、やはりプロの世界なので、その時々で判断しなければなりませんし、僕も何度も経験しました。でも、そのたびに応援してくれるサポーターがいてくれて、メチャメチャ幸せです」

果たして大分、浦和、湘南と、梅崎が多くのサポーターに愛される理由はなにか?
思い出されるのが以前語った「僕はエモーショナルな人間」という言葉だ。

勝利の喜び。度重なるケガに沸きあがる煩悶。生まれ変わる=Rebornの気持ちで取り組んだリハビリ。そして復帰。

浦和所属時の2011年ナビスコカップ決勝で敗れ、表彰台を見上げながら流した悔し涙。そして今月7日、天皇杯3回戦 八戸戦、直接フリーキックでのガッツポーズ。

「喜怒哀楽が激しいのは間違いないです。そうした表現ができる人が僕は好きです。例えば……」
このあと出た名前が昨季限りで現役引退した中村憲剛さんだった。

「サポーターと一緒になる感覚というか……、自分も盛り上げ、さらにサポーターがもっと盛り上げていく。そうしたエネルギーを力に変えることができる憧れの存在です」
溢れる感情をもって、サポーターの気持ちを動かす、そのパワーを梅崎も持っている。

「良い時ばかりじゃなかったです、僕は。苦しい時は苦しいですが、それも人生ですし、今まで乗り越えてきたと思います」

艱難辛苦に耐えた梅崎の感情から生まれるプレー。それらが見る側の琴線に触れ、思いを重ね、共感を生む。感情移入できる存在。それが梅崎司であり、サポーターに愛される理由ではないか。

「みなさんと一緒に感情を爆発させる空間を作れるように頑張っていきましょう」
梅崎はそう大分サポーターに呼び掛けた。

J1残留に向け、迸る感情とプレーで梅崎司はスタジアムを沸かせる。

取材・文●佐藤亮太(レッズプレス!!)

【2021・夏の移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、監督動向まとめ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加