迫力グリルが凄い! レクサス最高級SUV新型「LX」を世界初公開! オン・オフ最強SUVの特徴とは

迫力グリルが凄い! レクサス最高級SUV新型「LX」を世界初公開! オン・オフ最強SUVの特徴とは

  • くるまのニュース
  • 更新日:2021/10/14

新スピンドルグリルを採用! 存在感ある新型LXは何が凄い?

レクサスは、2021年10月14日にサウジアラビア王国ならびにアラブ首長国連邦にて、新型「NX」に続く次世代レクサス第2弾の新型「LX」を世界初公開しました。

新型LXは、長年培った信頼性・耐久性・悪路走破性に、上質さをさらに磨き上げた唯一無二のSUVとして、「世界中のどんな道でも楽に、上質に」をコンセプトにドライバビリティと乗り心地を追求したモデルです。

なお、日本での発売は2022年初頭を予定しています。

No image

こりゃ迫力が凄い! レクサス最上級SUV新型「LX」世界初公開! 誰もが憧れるLXは何が進化した?

レクサスは、1989年の創業以来、常にイノベーションの精神を貫き、ユーザーに新たな技術や価値を提供することに挑戦してきました。

【画像】迫力ある新型LXがカッコイイ! 全てが豪華な最上級SUVの内外装をすべて見る!(48枚)

そのなかでフラッグシップSUVとなるLXは、1996年に北米で発売されて以来、「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」をベースに、乗り心地や静粛性などを磨き上げることで、世界中のあらゆる道での運転に 耐えうる運動性能と、上質な乗り心地を両立するモデルとして、 2021年8月末時点で約50か国、累計約50万台を販売してきました。

新型LXは、いかなる場所においても快適で上質な時間を乗員へ提供しつつ、お客様のライフシーンを一層豊かなものに昇華します。

エクステリアは、機能性と優雅さが調和したレクサスの次世代デザイン言語に沿ったプロポーションとしています。

これにより、フラッグシップSUVに相応しい、力強さと圧倒的存在感に、洗練さを兼ね備えた佇まいを表現。

フロントフェイスでは、機能に根差した次世代レクサスのデザインランゲージを追求した新しいスピンドルグリルにより、 立体的かつメッキフレームがないことによるボディとの一体感を際立たせ、塊感を表現すると 同時に冷却機能や整流効率といった機能を両立しました。

リアでは、新型NXに続き、中央に配置されたブランドマークを従来のL字ロゴから新たなLEXUSロゴに刷新し次世代レクサスを象徴しています。

インテリアは、新型NXでも採用されたTazuna Conceptに基づき、表示類やその他スイッチ類を配置し、 悪路でも少ない姿勢変化で、クルマを意のままに操ることの出来るコックピット空間を実現しています。

過酷なオフロードにおいてはより安心で快適な走行を実現するためにレクサス初の12.3インチと7インチの上下2画面のデュアル ディスプレイを採用。さらに、世界初採用のバックアンダーフロアビュー機能を搭載しました。

新型LXの乗車定員は、標準とOFFROADで2列5人乗り/3列7人乗り、EXECUTIVEに2列4人乗りを設定。フロントシートは、優れたホールド性と快適な乗り心地を提供すべく、クッションパッドに座面の安定性と圧力の分散性の高い素材を採用しています。

セカンドシートは、乗降性は維持しつつも、サイドサポート高さとクッション性を最適化することで、ホールド性を高めました。

7人乗り仕様の3列目シートにおいては、荷室スペースをニーズに合わせて調節できるよう電動リクライニングを可能としたほか、レクサス初となる「マルチシートオートアレンジ」を採用。

今回の新型LXでは、ユーザーの多様なライフシーンに寄り添うために、標準仕様に加え、「EXECUTIVE」と「OFFROAD」という3タイプを設定しました。

EXECUTIVEは、あらゆる道を優雅に移動するために後席空間の拡充と寛ぎに重点を置いた4座独立式シートをはじめとした専用設計の仕様です。

OFFROADは、マットグレー塗装のホイールや、ブラック塗装のホイールアーチモール、ダークグレーメタリック塗装を施したフロントグリルなどの専用エクステリアを採用。

さらに、3つのディファレンシャルロック(フロント・センター・リア)を標準装備し、必要に応じてロックすることで脱出性を高め、オフロード性能を最大限に発揮する仕様です。

安全面では、世界トップレベルの先進安全技術をより早く開発し、より多くのクルマに普及させていくことが重要という考えのもと、新型LXでも「LexusSafetySystem+」を採用。

また、レクサス初の指紋認証を全車に標準装備。スタートスイッチ中央に指紋センサーを採用することで、スマートキーを携帯していれば、ブレーキを踏みながらスタートスイッチ上の指紋センサーにタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合、指紋情報が一致しなければエンジンが始動しない機構としています。

このような新型LXについて、チーフエンジニアの横尾貴己氏は次のようにコメントしています。

「多様化するお客さまのライフスタイルへ寄り添うために、新型LXの開発において掲げた走りの コンセプトは『世界中のどんな道でも楽に、上質に』。

類稀なるオフロード性能を持ちながら、街中でも、高速道路でも、過酷な環境でも、どんな道でも気負うことなく運転でき、すべての乗員が 快適に移動できるクルマを目指しました。

刷新した基本素性を上質さにまで高めるために、 重視したのは『リアルの道』と『想い』。

伝統のオフロード性能は過酷な路面で『壊しては直す』を 繰り返すことで磨きをかけ、オンロード性能においてはドライバーの意図に忠実でリニアな 応答を実現するレクサス独自の走りの味『Lexus Driving Signature』をTAKUMIや開発チームと共に 妥協なく造り込み、ともすれば相反する両性能を歴代最高レベルで両立させました。

さらに、 全世界のお客さまの多様なニーズにお応えするべく、LXとして初めての4座独立仕様となる “EXECUTIVE”と、悪路走破性を最大限に高めた“OFFROAD”を設定。

標準モデル含めいずれの グレードも、細部に至るまで込められた開発チームの想いと拘りの結晶です」

※ ※ ※

また、米国レクサスの発表では、よりスポーティな雰囲気を求める人向けにLXでは初めてとなる、個性的なデザインとハンドリングを備えた「F SPORT」をラインナップ。

F SPORTのスタイリングでは、専用の22インチ鍛造アルミホイールや、Fメッシュデザインのスピンドルグリル(漆黒のクロームグリルフレーム)を新たに採用しました。

インテリアでは、ステアリングホイールやシフターに質感の高い本革を採用し、スタイルとグリップ感を向上させるとともに、F SPORTの専用エンブレムを随所に配しています。

また、Fデザインのシートを採用し、横方向のGに対するホールド性を高めています。ウルトラホワイト(エクステリア)とサーキットレッド(インテリア)は、F SPORTグレードの専用色です。

F SPORTの走行性能には、独自のチューニングを施した標準装備の前後パフォーマンスダンパー、トルセンLSD、リアスタビライザーを採用。

また、EPSやAVSに専用チューニングを施すことで、F SPORTならではのパフォーマンス重視のレスポンスと操縦安定性を実現しています。

オン・オフどちらも快適な移動が出来る新型LXは何が凄い?

新型パワートレインは、高出力かつ高トルクの3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジンや電子制御ブレーキシステム(ECB)、電動パワーステアリングシステム(EPS)を搭載することで、オンロード、オフロードともにユーザーがレクサスらしい運転を満喫できる走行性能を追求しました。

これらによって、環境性能の向上にも寄与し先代LXと比べて車両使用時の年間CO2排出量を、グローバルの全台数分で約20%低減とすることで「カーボンニュートラル社会の実現」に貢献していくとレクサスは説明しています。

新型LXの動力性能について、レクサスのTakumiとなる伊藤好章氏は次のように話しています。

「刷新したプラットフォームやEPSの搭載などを通じて、ステアリングを握り、走りだした瞬間に、レクサスらしさを感じていただけるよう、オンロード走行性能を作りこんでまいりました。

とくに、動き出した瞬間からの操舵感、ワインディング・高速走行まで一連の身のこなしは、オフロードのTakumiと連携し、悪路走行時の制御の考え方を反映するなど、オフロード走行で得た知見を活かしながらオンロード走行性能を向上。

また悪路走破性に影響が出ないか、幾度となく社内外のオフロードを繰り返し走らせることで、どのような道でもレクサスらしい走りを実現できることを目指しました」

No image

「世界中のどんな道でも楽に、上質に」をコンセプトにドライバビリティと乗り心地を追求した新型LX

新型LXは、「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」を確保するために、 伝統ともいえるボディオンフレーム構造を維持しながら、レクサス初のGA-Fプラットフォームの採用や約200kgの 軽量化、デジタル開発による高剛性ボディの実現などを通じ、クルマの素性を刷新。

また、接地感、力感、安心感のある走りと 両立させるため使用環境に応じて車高を調整可能なAHC(Active Height Control suspension)、上質な乗り味を実現するAVS(Adaptive Variable Suspension system)を採用。

これにより伝統のオフロード 走破性と車両安定性はそのままに、フレーム車でありながら、オンロードでの高い車両コントロール性と優れた 乗り心地を実現しています。

また、世界初採用の機能として、車両後方の障害物との位置関係の把握や、後輪と路面の確認を支援するために後輪付近を表示する「バックアンダーフロアビュー」を搭載することで、林間路、モーグル路、岩石路などでの走破性に寄与します。

レクサスのTakumi(オフロード)・上野和幸氏は次のようにコメントしています。

「オフロード走行を安全・安心に、そしてレクサスらしい上質さや快適さを体感しつつ、お客さまに運転していただくために、さまざまな悪路での試験走行を幾度となく繰り返し、今回のオフロード走行性能を作りこんでまいりました。

全乗員が快適に移動できるよう、AHCやAVSのチューニングをきめ細かくおこない、悪路での接地感を高めつつ、上質な乗り心地を実現。

また、マルチテレインモニターの見え方、クロールコントロールの制御内容など、お客さまがオフロードという環境のなかでも、LXとの時間を楽しんでいただけるよう、こだわりをもって作りこんでいます。

オンロード・オフロードを問わず、世界中のあらゆる道を快適に楽しんでいただけるLXの走行性能を是非ご堪能ください」

※ ※ ※

新型レクサスは、主に中東や北米、ロシアを主力市場としてきました。そのため、今回のワールドプレミアもサウジアラビア王国ならびにアラブ首長国連邦にておこなわれます。

中東では、砂漠で遊ぶ用のトヨタ「ランドクルーザー」と移動用のLXという2台持ちをするユーザーも多いといいます。

そうしたニーズもあり「EXECUTIVE」と「OFFROAD」が追加されていますが、日本ではどの仕様にニーズが集まるのか注目が集まります。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加