浦和が対福岡では99年以来の敗戦 ロドリゲス監督「押し込んだ後が改善点として残る試合」

浦和が対福岡では99年以来の敗戦 ロドリゲス監督「押し込んだ後が改善点として残る試合」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/02

◇明治安田生命J1第12節第1日 浦和0ー2福岡(2021年5月1日 ベススタ)

No image

浦和・ロドリゲス監督

浦和はアウェーの福岡戦に0―2で完封負けを喫した。J1で6連勝中と相性の良い相手だったが、対福岡では99年9月(1―2)以来、実に22年ぶりの敗戦となった。序盤からボールを支配する時間が続いたが、シュート数はわずか6本にとどまり無得点。リーグ戦では今季初先発となったエースFW興梠も不発に終わった。

守備では前半8分、日本代表GK西川が味方選手との接触で1度はキャッチしたボールをファンブルし、先制点を献上。後半41分にも途中出場のカメルーン代表FWジョン・マリの強烈な一撃を防ぎ切れなかった。西川は「あれは完全に僕のミスです。ボールを持つ時間が長いだけにGKとしてはなくさないといけない」と悔しそうに話した。

リカルド・ロドリゲス監督は「立ち上がり早々に失点してしまい、我々にとっては難しくなる失点だった。攻撃ではボールを握りながら全体をコントロールできていたが、最後のファイナルサードのところでうまくシュートに持っていけなかったり、ラストパスがズレてしまった。押し込んだ後のところが改善点として残る試合だった」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加