アルテタ監督、2選手の喧嘩騒動に言及「事実と異なるニュースは好きではない」

アルテタ監督、2選手の喧嘩騒動に言及「事実と異なるニュースは好きではない」

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/11/21
No image

アーセナルのセバージョス(左)とD・ルイス(右) [写真]=Getty Images

アーセナルのミケル・アルテタ監督が現在のチームについて語った。20日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

同日に、MFダニ・セバージョスとDFダヴィド・ルイスがインターナショナルマッチウィーク期間に行われたチームトレーニングで衝突と報じられたアーセナル。両選手は口論となり一部では殴り合いにもなったと報じられたが、その後セバージョスは自身のSNSで「フェイクだ」と事実を否定していた。

取材に応じたアルテタ監督も今回の騒動について「事実と異なるニュースは好きではない」とコメント。また現在も選手の関係性に問題がないことも強調している。

「チームに何も問題はない。今回のニュースがもし事実だとしたら、チームメイト同士の信頼や選手に対するプライバシーへの配慮を欠くことになる。またトレーニング中は常に競争が激しく、選手同士がぶつかり合うことは日常茶飯事だ。彼らの関係性には全く問題はないよ」

選手の良好な関係を伝えたアルテタ監督が率いるアーセナルの次戦は22日、プレミアリーグ第9節でリーズと対戦する。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加