【北村友一コラム】レッドブロンクスは末脚勝負で 花粉症デビューも対策講じます

【北村友一コラム】レッドブロンクスは末脚勝負で 花粉症デビューも対策講じます

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/21
No image

北村友一騎手

昨年の宝塚記念、有馬記念をクロノジェネシスで制すなど、今最も脂が乗っていると言っていい北村友一騎手。競馬開催日、ファンに向けて生の声をお届けする。

◇  ◇

先日、健康診断を受けました。ここ2年ほど、鼻がムズムズしたり、目のかゆみを感じたりしていましたが、アレルギー検査の結果、ヒノキとスギの花粉症という数値が出ました。もともと生の甲殻類が駄目で、喉や口が腫れたりしていましたが、そちらもしっかりと数値が出たのは不思議な感じでしたね。暖かくなり、花粉が多く飛散する季節がやってきます。栗東トレセンは自然に囲まれた場所。本格デビューは不安ですが、きっちりと対策を講じたいと思います。

日曜(21日)は阪神で10鞍に騎乗します。3Rのアンセーニュはスピードがすごくある馬。ダート変わりは分からないところがありますが、能力は高いのでいい方に出てほしいですね。8Rのペールエールは休み明けの前走で2着。もまれない形が合っていたのか、久々にしっかりと走ってくれました。ひと叩きの効果にも期待したいです。

11Rのジャスパープリンスは調教でも掛かるぐらいで、条件はベスト。前走は展開も厳しかっただけに、前々で運んでどこまで頑張れるか。12Rのレッドブロンクスは位置取りを気にせず、リズム良く運んで、しまいを生かすイメージを持って臨みます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加