渋野日向子「ショットが大荒れで池ぽちゃも2回」それでもアンダー「アハハ」

渋野日向子「ショットが大荒れで池ぽちゃも2回」それでもアンダー「アハハ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/25
No image

渋野は17番でティーショットを池に入れるも、パーをセーブし笑顔を見せる(撮影・山口登)

「女子ゴルフ・大王製紙エリエール・レディース・第3日」(21日、エリエールGC松山=パー71)

大会連覇を狙う渋野日向子(22)=サントリー=は3バーディー、1ボギーの69でラウンド。通算3アンダーとした。

「疲れました。アハハ」と第一声。というのも「ショットが大荒れで、池ぽちゃも2回。それでもまさかのアンダーでした」というのが「アハハ」の理由だ。

17番パー5ではティーショットが右の池へ。手前にドロップし、3打目をグリーン手前100ヤード。4打目をピン右4メートルに置いての、ナイスパーセーブで魅せた。

「イーグル並みにうれしかった」と渋野。この日のショットのブレを「修正して、パットがかみ合えばビッグスコアも」と最終日を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加