震度6強の揺れに耐えた「勇者たち」が話題 奇跡の復活を遂げた道の駅を直撃

震度6強の揺れに耐えた「勇者たち」が話題 奇跡の復活を遂げた道の駅を直撃

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/02/21

福島県によると、13日夜の最大震度6強の地震による公共土木施設被害額は約44億円で、農林水産業の被害見込み額は約6億円にのぼるという。そんな中大きな被害を受けた道の駅が、スタッフの懸命な努力で早期での奇跡の復活を遂げた。

■国見町随一の人気スポット

宮城県と福島県の県境・国見町にある「道の駅国見 あつかしの郷」は、県内唯一の泊まれる道の駅だ。2017年5月のオープン以降平日は約3,000人、土日は約5,000人が訪れる人気スポットとなっている。

No image

(画像提供:道の駅国見)

国道4号沿いに位置し、東北道国見インターから車で約5分という便利さもあって、地元農家の新鮮な野菜を求め、宮城県内からも多くの客がやってくる。大型トラックの駐車スペースも38台分あるが、満車になるほどの人気ぶりだ。施設内には約2万点の商品が並ぶ。

関連記事:『鬼滅』ブームで注目集める山梨県 日輪刀誕生の秘話が原作並に感動だった

■変わり果てた風景に愕然

13日夜の震度6強の揺れのあと、鈴木亮一総支配人はその変わり果てた風景を見て愕然としたという。店内の陳列棚は倒れ、天井も一部落ちた。

No image

(画像提供:道の駅国見)

被害額は、商品だけで200万円、施設・設備も含めると約3,000万円にのぼるという。地震後から、スタッフ総出で復旧作業を開始。その間は休む暇がなかったそうだ。

■農家の想いを背負って

困り果てたのは、道の駅で農作物を販売している農家たち。この施設で販売するために農作物を育てている地元農家も多く、それが生きがいにもなっているという。鈴木氏は、その農家の想いを知っているからこそ、「なんとしても復旧しなければ」という使命感に燃えた。

No image

(画像提供:道の駅国見)

施設内では、落ちてしまったり、壊れてしまった商品も多くでたが、奇跡的に震度6強の揺れに耐えたものも。

■受験生の験担ぎに

これらを「震度6強を乗り越えた勇者達」と命名。19日に一部営業を再開した際に約100点ほどの酒やお菓子、ジュース類を並べ販売したところ、21日朝の段階では残り40点ほどに減少。

No image

(画像提供:道の駅国見)

鈴木氏は「棚から落ちなかったお菓子は受験生に、割れなかったお酒類は験担ぎに使って頂ければ」と話す。

■珍しいご当地バーガーも人気

この施設内には飲食施設もあるが、中でも一番人気なのが「国見バーガー」。地元で人気の惣菜店のさばの味噌煮を、地元のパン屋が作ったバンズではさんである。「さばの味噌煮をはさんであるバーガーは国内唯一ではないか」と鈴木氏。

国見町商工会青年部が開発した自信作で、イベント以外ではここでしか味わうことができない。

No image

(写真提供:道の駅国見)

最後に鈴木氏は、「被害の状況を見たときは、まさかこの短期間で復旧できるとは思ってもみなかった」と率直な想いを語った。

さらに、「3月の頭からは宿泊施設の予約を開始し、またみなさんに喜んでいただける施設運営をしていきたい」と今後の意気込みについても述べた。

・合わせて読みたい→サンド伊達、震度6強の東北にエール 「3・11を乗り越えたんだから大丈夫」

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加