子どもが触れてしまった「ハム」、災い転じて福となす話

子どもが触れてしまった「ハム」、災い転じて福となす話

  • ママリ
  • 更新日:2022/05/14

2歳ごろの子どもを連れてスーパーで買い出しをするのは大変ですよね。この時期では、買い物中に娘が陳列された商品に触ってしまった、もす(@mosumanga30)さんのエピソードをご紹介します。ほんの少し目を離した瞬間に、娘がハムのパッケージに穴を開けてしまい痛恨の表情を浮かべるもすさんですが、その後は思わぬ展開になったようです。

No image

©mosumanga30

No image

©mosumanga30

No image

©mosumanga30

No image

©mosumanga30

No image

©mosumanga30

スーパーの商品に子どもが触れてしまう事態は、衛生面やマナー面などから絶対に避けたいもの。それでもほんの少しのすきに触れてしまって、その商品を買うしかない…という経験をした方は、もすさんだけではないはず。

こうしたハプニングがあるとついネガティブ思考に陥ってしまいますが、もすさんが振り返るように、思わぬよいことにつながることはあるはず。もすさんの前向きな考え方に、元気をもらえますね。

▶ 続きとバックナンバーを読む

ume

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加