【トヨタ 新型カローラ クロスとハリアー比較】価格はまさかの同じ! 先進装備や内装の快適性などトータルで考えれば新型カローラ クロスに軍配

【トヨタ 新型カローラ クロスとハリアー比較】価格はまさかの同じ! 先進装備や内装の快適性などトータルで考えれば新型カローラ クロスに軍配

  • MOTA
  • 更新日:2021/09/15

晴れて日本発売となったトヨタ 新型カローラ クロス。その名の通りカローラファミリーのSUVモデルという位置付けである。価格は199〜319万円となっているのだが、じつは大ヒット中の高級SUV「ハリアー」のベースグレードと同予算で買える価格なのだった。もっとも新型カローラ クロスはハイブリッド、ハリアーはガソリンモデルとパワートレインは異なるが、同じ価格となれば迷う人も少なくないはず。そこで今回は内外装をはじめ、先進安全装備や維持費に至るまで全方位で比較を敢行! 一体どんな違いはあるのか!?

No image

トヨタ 新型カローラクロス&新型ハリアー

トヨタの売れ筋SUVモデル比較

2021年9月14日(火)に正式発表されたばかりのコンパクトSUV、トヨタ 新型カローラ クロスが気になっているパパ・ママ。実はそのお値段、あの元祖ラグジュアリーSUV、トヨタ ハリアーとほぼ同じなんです!

ネームバリューならハリアーだけど、ファミリーで使うならどっちがいいのか? この記事では購入後の維持費予想も含めて徹底比較します。

同価格対決! 新型カローラ クロスの最上級グレードとハリアーのベースモデルは同じ299万円

カローラ初のSUVモデル「新型カローラ クロス」。最上級グレードは専用パーツ満載

No image

最上級グレードには18インチアルミホイールやルーフレールが標準装備となる

まず新型カローラ クロスは、1966年から続くカローラシリーズ初のSUVとして、9月14日に発表されたばかりの新型車。精悍なデザインで、全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mmと大きすぎず小さすぎないサイズです。

パワートレーンは1.8リッターのハイブリッドとガソリンをラインアップ。2WDがメインですが、ハイブリッドには4WDのE-Fourもあります。

今回取り上げるグレードは、トップグレードとなる「ハイブリッドZ」299万円(2WD)。外観ではメッキ塗装のフロントロアグリルやリアロアバンパーが華やかさを出し、18インチアルミホイールも切削光輝+ダークグレーメタリックの高級感あるデザインに。ルーフレールが標準装備で、本革+ファブリックの上質なインテリアも魅力的なモデルです。

>>

対するハリアーのベースモデルはメッキ加飾を抑えたおとなしい見た目

No image

他のグレードとは異なりメッキ加飾を必要最低限としたおとなしい見た目となっている

一方でハリアーは、ラグジュアリーSUVの先駆けとして登場し、2020年にフルモデルチェンジした新型はエレガントかつ逞しさのあるクーペフォルムが美しいデザイン。

全長4740mm、全幅1855mmと、カローラ クロスよりひとまわり大きなボディサイズですが、全高は1660mmでそれほど変わらない低さとなっています。

パワートレーンは2.5リッターのハイブリッドと2リッターのガソリンをラインアップ。どちらも2WDと4WDがあります。

今回取り上げるグレードは、エントリーモデルとなるガソリン車の「S 」299万円(2WD)。外観は1つ上のグレードとなる「G」とそれほど変わりませんが、バンパーのメッキガーニッシュがアッパーのみになったり、ドアハンドルがボディ同色になるといった細かな違いはあります。足もともハリアーのなかで、いちばん小径となる17インチアルミホイールが装着されています。

>>

【内装比較】USBポートの数は新型カローラ クロスの圧勝! ディスプレイサイズはハリアーに軍配

新型カローラ クロスは全車7インチディスプレイが標準装備! 家電が使えるコンセントはオプション設定

No image

新型カローラ クロスの内装はカローラシリーズと基本的には同様となる。最大の違いは後席用のエアコン吹き出し口や2つのUSBポートが設置されている点にある

それでは室内の快適装備やシートアレンジを比較してみましょう。新型カローラ クロスは、奇をてらうことなく上質で使いやすい空間を目指したインテリア。

前席はホールド性の高いスポーティなシートを採用していて、運転席が8wayパワーシート、助手席は4wayのマニュアルシートです。どちらもシートヒーターが標準装備。左右独立温度コントロール付きのオートエアコンで、前席集中モードもついています。

ナビは7インチのディスプレイオーディオが標準装備で、オプションで9インチも設定可能。アクセサリーソケット1個、USBは通信用1個と充電用2個が標準装備で、非接触充電器はオプションです。

また、ハイブリッドなので家電が使えるコンセントも欲しいところですが、非常時給電システムと合わせてオプションとなっています。

>>

No image

シートアレンジは後席が2段階のリクライニング機能付き。前後スライドはしませんが、センターアームレストがあってゆったりできる空間です。6:4分割可倒式となっています。

対するハリアーは8インチディスプレイが標準! エアコン機能は必要最低限

No image

上級グレードとは異なり、運転席のみパワーシートが装備される。写真は最上グレードのハイブリッドZ レザーパッケージだ

ハリアーの室内は、先進的な印象が強くモダンで洗練されたインテリア。シートはファブリックで、運転席が6way、助手席が4wayのマニュアルシートです。他のグレードには電動ランバーサポートがあるのですが、この「S 」には付きません。ポジションメモリーやシートヒーター+ベンチレーションもなく、オプション設定すらないのが寂しいところ。

No image

グレードのエアコンパネルはダイヤル式となる。運転中の操作性は静電式タッチパネルよりも便利である。ちなみに写真は北米モデルのヴェンザの内装となる

エアコンはカローラクロスと同じく左右独立温度コントロール付きのフルオートエアコン(前席集中モード付き)ですが、ヒーターコントロールパネルは静電タッチではなくダイヤルタイプ、ナノイーXも省かれています。

ナビは8インチのディスプレイオーディオが標準装備。アクセサリーソケット1個、充電用USB2個が標準で、非接触充電器とコンセントはオプション設定となっています。

シートアレンジは後席が6:4分割可倒式で、前後スライドやリクライニング機能はなし。センターアームレストは装備されています。

>>

【ラゲッジ比較】ラゲッジ容量は新型カローラ クロスの勝ち! 使い勝手はハリアーが一歩リード

No image

新型カローラ クロス, ハリアー

No image

新型カローラ クロス, ハリアー

続いてラゲッジの使い勝手を比較すると、新型カローラ クロスの容量は5人乗車時でも487Lと大きめです。開口部のフロアは地上720mmの高さで、ミニバンのような低さはありませんが、積み下ろしのしやすい“ちょうどいい高さ”と言えます。

「ハイブリッドZ」にはハンズフリーパワーバックドアが標準装備で、停止位置メモリーや予約ロック機能が付くのでとても便利。子育て中にはとくに助かる機能ですよね。

ハリアーのラゲッジはデッキボード装着時で409Lですが、デッキボードの下に小物を収納するスペースがあり、整理して収納しやすくなっています。ただ、他のグレードには付くパワーバックドアの設定はなく、手動開閉です。

【先進安全装備比較】駐車時の機能に注目! 機能は新型カローラ クロスに軍配

では先進安全装備を比較してみましょう。新型カローラ クロスは、昼夜の歩行者、昼間の自転車も検知するプリクラッシュセーフティをはじめ、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールなど5つの機能が揃ったトヨタ・セーフティー・センスが標準装備。パーキングブレーキサポートや駐車の際に嬉しいバックガイドモニターも標準で、うっかりミスも防いでくれる充実の装備内容です。

ハリアーは、本来ならトヨタ・セーフティー・センスにオートマチックハイビームという機能が追加されて、カローラクロスより充実するはずなのですが、「S」にはそれが装備されないので、カローラクロスと同等の内容。

しかもパーキングブレーキサポートやブラインドスポットモニター、バックガイドモニターは全て省かれていますので、安全装備ではカローラクロスに軍配が上がっています。

【維持費比較】燃料代や税金に注目! トータルで考えるとハイブリッドの新型カローラクロスの勝ち

No image
No image

では最後に、維持費の予想をしてみましょう。新型カローラ クロスは年に一度かかる自動車税が3万9500円。車検ごとにかかる重量税は免税です。ガソリン代は、燃費がWLTCモードで26.2km/Lと優秀なので、レギュラーガソリンの平均価格(9月14日現在)151.8円で計算すると、500km走るのにかかるガソリン代は約2891円となります。

対するハリアーは自動車税が3万9500円、重量税が3万2800円。ガソリン代は燃費がWLTCモードで15.4km/Lなので、レギュラーガソリン使用で500km走るのに約4928円かかります。

子育て世代には充実装備の新型カローラクロスがオススメ

ということで、ほぼ同じ価格のカローラクロスとハリアーでしたが、トップグレードのカローラクロスはやはり装備が充実していて、子育てファミリーには魅力的な印象。

でも内外装のインパクトやセンスのいいデザインなどを重視するなら、ハリアーもアリかなという結果となりました。皆さんのファミリーにはどちらがピッタリか、ぜひじっくりチェックしてみてくださいね。

【筆者:まるも 亜希子】

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加