セリエA18位カリアリ、ディ・フランチェスコ監督解任を発表。直近3カ月は勝利なし

セリエA18位カリアリ、ディ・フランチェスコ監督解任を発表。直近3カ月は勝利なし

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/02/22
No image

エウゼビオ・ディ・フランチェスコ 写真提供:Gettyimages

カリアリは22日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任を公式発表している。

現役時代に中田英寿氏と同僚の関係にあったことで知られているディ・フランチェスコは、サッスオーロやローマを率いると2019年夏にサンプドリアの監督に就任するものの、成績不振により10月に解任となっていた。その後は昨年8月にカリアリの指揮官に就任。今シーズン序盤は勝ち点を積み重ねていたが、昨年11月25日に行われたコッパ・イタリア4回戦のエラス・ベローナ以降は勝利がなく、昨年末から公式戦7連敗を喫していた。

クラブ首脳陣は大型連敗を喫した直後である1月下旬にディ・フランチェスコと2023年6月までの期間による新契約を締結していたが、それでもチームを取り巻く状況に変化は見られず、19日開催されたセリエA第23節・トリノ戦で黒星を喫したことにより監督交代を決断している。

なお、ディ・フランチェスコの後任にはSPALをセリエA残留に導いた過去を持つレオナルド・センプリーチ氏が就任する見通しとなっており、間もなく公式発表されるものとみられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加