【台風15号】静岡県への影響は 気象予報士が解説「23日夜から24日にかけて大雨に注意を」

【台風15号】静岡県への影響は 気象予報士が解説「23日夜から24日にかけて大雨に注意を」

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

小塚恵理子気象予報士:

台風15号、今回は雨に警戒が必要です。

まずは現在の雨の状況からみていきましょう。

23日17時現在、台風の中心は紀伊半島と四国の間、海上にあるものと思われます。

23日は三重県愛知県で激しい雨が続いていました。

現在、雨のエリアが少し東にずれてきまして、静岡県中部と西部は広い範囲で雨が降り出しています。

ところどころ、どしゃぶりのところも出てきているようです。

では今後の雨の動きを見ていきましょう。

雨の中心が静岡県に移ってきます。

このあと夜遅くになりますと、広い範囲で雨脚が強まりそうです。

バケツをひっくり返したように降るところもあるでしょう。

夜の間中、強い降り方が続き、朝になっても広い範囲で雨が降っていることが予想されます。

24日昼過ぎからは西から次第に止んできますが、東部と伊豆では夕方にかけて雨が続くところがありそうです。

予想される雨の量は多いところで中部と西部250ミリ、東部と伊豆は200ミリとなりそうです。

雨量の分布をみますと赤が150ミリ以上、紫が200ミリ以上で、山間部を中心に多くなりそうですが、県内全体でまとまった雨になりそうです。強まる雨に警戒して下さい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加