西武高橋光成22イニングぶり失点 2回に2失点

西武高橋光成22イニングぶり失点 2回に2失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

西武対ロッテ 西武先発の高橋光(撮影・狩俣裕三)

<西武4-3ロッテ>◇15日◇メットライフドーム

西武高橋光成投手(23)が、22イニングぶりに失点した。

初回を3者凡退に抑え、2回先頭の安田は147キロの直球でバットを真っ二つにへし折り、二ゴロに打ち取った。しかし、2死から菅野に四球を与えると、井上に中越え適時二塁打を許し、先制点を献上。さらに藤岡にも長打を浴び追加点を与えた。8月25日の日本ハム戦以来の失点となった。

高橋光は前回登板で9回、前々回は7回に初ヒットを許すまで、無安打投球を続けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加