全国唯一・競輪選手の養成所で入所式 18~36歳が10カ月寮生活へ 携帯電話は使用禁止 静岡・伊豆市

全国唯一・競輪選手の養成所で入所式 18~36歳が10カ月寮生活へ 携帯電話は使用禁止 静岡・伊豆市

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2023/05/26
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

静岡県伊豆市の日本競輪選手養成所では26日 競輪選手を目指す男女 計91人が入所式を迎え、10カ月間の寮生活をスタートしました。

伊豆市の「日本競輪選手養成所」は全国唯一の競輪選手の養成所で、今年は全国から県内出身の2人を含む男性72人、女性19人の候補生が入所しました。

4年ぶりに家族が見守る中で入所式が開かれ、競輪選手になるために決意を新たにしていました。

伊豆市出身・野寺 梓さん(22):

不安な気持ちもありますが、訓練や課業に対して楽しみな気持ちもあります。この10カ月間修行して、自分にない体力を鍛えて得意なダッシュを生かした走りをしていきたい

候補生は18歳から36歳と年齢も経歴も様々で、10カ月間 寮生活を送りながら厳しい練習を重ね競輪選手を目指します。

養成所の寮生活では、携帯電話の使用は禁止されていて敷地内に入ったら必ず電源を切り、携帯電話を預けなくてはいけません。

休日に外出するときだけ携帯電話を受け取り、敷地の外で使用できるということです。

厳しい練習を乗り越え、夢の競輪選手になってほしいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加