尾川堅一 王座決定戦の相手フジレは時差ぼけ?「少し元気がないように感じた」

尾川堅一 王座決定戦の相手フジレは時差ぼけ?「少し元気がないように感じた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/27
No image

対戦相手のアジンガ・フジレ(左)とにらみ合う尾川堅一=米ニューヨーク(帝拳ジム提供)

IBF世界スーパーフェザー級王座決定戦(27日=日本時間28日、米ニューヨーク)で同級2位アジンガ・フジレ(25)=南アフリカ=と対戦する同級3位の尾川堅一(33)=帝拳=が24日(同25日)、ニューヨークで公式記者会見に出席した。

王座獲得後の統一戦について問われた尾川は「まずはタイトルを獲ってから。このタイトルはボクにとっても応援してくれるすべての人にとっても重要なので、獲ってから統一戦に進みたい」と目の前の戦いに集中することを強調。南アフリカ人のフジレと日本人の自身が、格闘技の殿堂と呼ばれる米国のマジソンスクエアガーデンで行われることには「日本に対して、というのはあまり意識していなくて、こういう試合を組んでくれたことに感謝していますし、自分自身が興奮しているというところです」と語り、フジレとのフェースオフで会見を終えた。

その後は1時間半ほど練習を行い、「今日もいい感じで動けました。動き自体もよかったと思います」と満足顔。「この会場で日本人初勝利を挙げて、これからの後輩につなげたいという気持ちもあったんですけど、うまく言えませんでした。やっぱり英語はしゃべれた方がいいですね」と頭をかいた。

フジレと向かい合ったことには「昨日もあったので、特にどうと言うことはないですが、時差ぼけでもあるんですかね。少し元気がないように感じました」と話し、「今日は初めて公式のハカリで体重を測ることができましたが、減量も予定通りです」と順調をアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加