藤原竜也、フジ連ドラ初主演で“スクールポリス”に 真木よう子とTVドラマ初共演

藤原竜也、フジ連ドラ初主演で“スクールポリス”に 真木よう子とTVドラマ初共演

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/10/16
No image

2021年1月期新火9ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』で藤原竜也&真木よう子が共演<画像をもっとみる>

俳優の藤原竜也が、2021年1月スタートの新ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)にて主演を務めることがわかった。ヒロインは真木よう子に決定。藤原と真木が共演するのは、2003年公開映画『バトル・ロワイアル II~鎮魂歌(レクイエム)~』以来で、テレビドラマでは初共演となる。

【写真』ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』で共演する藤原竜也、真木よう子

本作は、学校内警察(スクールポリス)が試験的に導入されたという設定のもと、公立赤嶺中学校にスクールポリスとして配属された嶋田隆平(藤原)が、校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。

藤原が演じる主人公・嶋田は、警視庁捜査一課の敏腕刑事。常に冷静沈着で毒舌家。そんな彼が、東京都の中学校で導入されることとなった日本で初めてのスクールポリスに志願。嶋田が配属された赤嶺中学校は、表向きはどこにでもある中学校だが、スクールポリスが配属されてからさまざまな事件があぶりだされていく。SNSトラブルや生徒の薬物疑惑、盗撮事件、教師のマタニティハラスメント、セクシャルハラスメントなど、現代の社会問題に嶋田が挑んでいく。

一方、真木が演じるのは、赤嶺中学校の国語教師・浅村涼子。聡明で職業意識の高い3年1組担当の熱血教師である涼子は、スクールポリス制度に当初から反対しており、「学校に警察官がいるなんて不自然」と考えている。常に生徒の側に立つため、罪を犯した生徒に対して無情に手錠をかける嶋田とたびたび衝突を繰り返す。

本作について「すぐそこの未来を予言しているような、新しいタイプのドラマになっていると思いますね」と語る藤原は「警察のエンターテインメント作品としても見ていただけますが、悩んでいる子供たちの救いになる様な作品になっていればいいなとも思います。そのような言葉やシーンがたくさんありますからね。エンターテインメント作品である一方、『頑張らなくていいんだ』とか、背中を押してあげられるドラマになってくれたらいいなと思います」と見どころをコメント。

また、ドラマで共演するのは初となる真木の印象を聞かれると「よう子ちゃんは、みんなが割とほっこりするようなNGを出します(笑)」と明かし、「あと、まじめです。監督の要求するものに瞬時に判断して、演出に応えていくことができる方で、もちろん自分で用意してきたものもあるでしょうが、非常に落ち着かれているなーと感心しましたね。真木さんのように役に真摯に向き合う方がいて、僕としては心強かったです」と語っている。

そんな真木は、藤原について「一緒に話していて楽しいし、すごく面白い人。芝居もすごく技術力があって勉強になるので尊敬しながらご一緒しています」とコメント。本作については「教師という職業についている人にはぜひ見ていただきたいです。あとはやっぱり子供を持つ親にも見てほしいです。スクールポリスを導入される学校のなかで、翻弄(ほんろう)されていく生徒たちと葛藤していく先生たち、学校って様々な要素がいっぱい入っているし、リアルな中学生の悩みとかもあるので、中学生にも見てほしいと思います。さらに、隆平がなぜ、スクールポリスになったのかが一番の軸ですから、ここは、男女とか性別とか関係なく、ミステリーとして楽しめると思います」とアピールした。

ドラマ『青のSP(スクールポリス)ー学校内警察・嶋田隆平ー』は、カンテレ・フジテレビ系にて2021年1月より毎週火曜21時放送。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加