ベテラン玉鷲の満点金星「元気が良いし迷いがなかった」高田川審判長が称賛

ベテラン玉鷲の満点金星「元気が良いし迷いがなかった」高田川審判長が称賛

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/14
No image

照ノ富士(右)を攻める玉鷲(撮影・河野匠)

<大相撲初場所>◇6日目◇14日◇東京・両国国技館

結びの一番で横綱照ノ富士(30=伊勢ケ浜)が敗れ、昨年9月の秋場所13日目から続いていた連勝が「23」で止まった。平幕のベテラン玉鷲(37=片男波)の強烈な突き、左のど輪押しをまともに食い後退。反撃しようと前に出した足が流れ、バランスを崩し右手を着きかけた。何とかこらえたが、前のめりの体勢を立て直すことができず左手、そして右手と土俵に着き、突き落としで敗れた。

正面土俵で審判長を務めた高田川審判部副部長(元関脇安芸乃島)は「玉鷲が鋭く攻め込んだので(照ノ富士は)ちょっと受けすぎましたね。玉鷲に、うまくはたかれた。玉鷲は元気が良いし迷いがなかった」と玉鷲の満点相撲をほめた。

とはいえ、優勝争いを占う高田川審判長の見立ては、これでイーブンぐらいとみている。この日、ともに勝って全勝をキープし、優勝争いの先頭に立った両力士について「御嶽海は完璧な相撲でした。一気に激しく持っていった」「阿炎は反応よく回り込んだ」と、この日の相撲内容こそ高評価したものの「2人が全勝ですか」と前置きした上で「横綱が負けて(これで)1差になって、ちょうどいいぐらいじゃないですかね」と1差の“ハンディ”を負っても照ノ富士の強さを強調。照ノ富士の今後についても「(心配は)ないでしょう。気にせず明日から(また)力を出してくれたら」と見通し、御嶽海については「今からですね。まだ(場所は)半分もいっていないですし」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加