扱いが“上級ジャニーズ”だった岡本圭人

扱いが“上級ジャニーズ”だった岡本圭人

  • リアルライブ
  • 更新日:2021/05/02
No image

画像はイメージです

所属していたHey! Say! JUMPでの活動を4月11日に終了し、俳優業を中心に活動している岡本圭人だが、8月30日に東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで開幕する舞台「Le Fils(ル・フィス) 息子」で、元男闘呼組の父・岡本健一と初めて親子共演することが先日、発表された。

各スポーツ紙などによると、過去にカウントダウンライブなどで同じ舞台に立つことはあったが、本格的な共演は今回が初めて。圭人にとってはストレートプレイ初挑戦で単独初主演となるという。

親子共演については「大先輩でもある父・岡本健一やスタッフ、キャストの皆さまとともに、物語に生命を吹き込めるように全力を尽くします」と意気込み。健一も「血のつながった父と息子が織りなす、ある家族の物語を劇場にて公然とのぞき見てください」とコメントを寄せたという。

「圭人は18年8月末から活動を休止し、米国の演劇学校に2年間留学。昨年7月に演劇学校を卒業し、しばらくアメリカに残ってオーディションやレッスンをしていたが、コロナ禍ということもあって、結果を出せず12月に帰国。留学経験で培った成果を見せたいところだが、初の親子共演とあって、そちらの方が話題になってしまいそうだ。父親の演技力には定評があるので、父にいいところを持っていかれないようにするのが課題だろう」(演劇担当記者)

>>メンバーには隠れた苦労が? ようやく落ち着いて活動できそうなHey! Say! JUMP<<​​​

もともと、圭人はダンスが苦手なため、グループとしての活動よりもソロでの俳優業を志望していたとの報道もあったが、今回の配慮で“上級ジャニーズ”であることが改めて証明されたという。

「何の“下積み”もなく、いきなり話題の舞台に出演。努力を重ねながらも、グループデビューできず、ろくに仕事がないジャニーズJr.たちからすればうらやましい限りだろう。父・健一がジャニーズの“功労者”だからそうなるのも仕方ない話だが…」(芸能記者)

とはいえ、今後は役者としての“結果”が求められそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加