全国でも健康被害報告 ダイエット用健康食品から未承認の医薬品成分「シブトラミン」を検出 北九州市

全国でも健康被害報告 ダイエット用健康食品から未承認の医薬品成分「シブトラミン」を検出 北九州市

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/06/23
No image

テレビ西日本

北九州市はダイエット用健康食品から国内では未承認の医薬品成分が検出されたと発表し、市民に注意を呼び掛けています。

未承認の医薬品成分が発見されたのは、ダイエット効果をうたうゼリー状の健康食品です。

北九州市によりますと、この食品をSNSを通じて福岡市の販売者から購入した女性がめまいや立ちくらみなどの体調不良を訴えました。

市が食品を検査したところ医薬品成分である「シブトラミン」が検出されたということです。

「シブトラミン」は、食欲抑制作用がある一方、血圧上昇や心拍数増加などの副作用があり、国内では医薬品として承認されていません。

女性は、この食品を去年12月から今年3月まで摂取し、服用をやめた今もめまいや息苦しさなどの症状が続いているということです。

千葉市などでも同様の健康被害が相次いで報告されており、市はこの商品の購入や摂取を中止するよう呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加