「自分はまだまだ」「成長させてくれる大きい存在」 権田修一が“一生の憧れ”とリスペクトする選手

「自分はまだまだ」「成長させてくれる大きい存在」 権田修一が“一生の憧れ”とリスペクトする選手

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/09/23
No image

ことし11月20日に開幕する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」。日本代表選手たちの素顔に迫る番組『サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE』(9月14日放送)において、権田修一が、日本代表でも多大な刺激を受ける川島永嗣ついて語った。

【映像】その存在はすごく大きい

権田が「一生の憧れ」と語るのは、ゴールキーパーの川島永嗣。「一つひとつの勝負事とか1本のシュートにあれだけ熱くなってできる姿を見て、自分は全然まだまだだなと常に思わせてくれる」と、川島から大きな刺激を受けていると話す。

2010年南アフリカW杯から3大会連続で日本のゴール前に君臨し、ベスト16へ2度導いた川島。川島の背中から学ぶ権田は、ポジションを奪うために意識していることとして「個人としてレベルアップするしかない」と明かし、そのなかで「(アジア)最終予選を通じて、いろんなことを永嗣さんに聞きました。壁の枚数とか守備の守り方とか、細かいところを含めていろんなことを常に話しながら教えてもらって、それが自分の糧になって成長している」と語った。

一方、川島は権田について「海外に出たりとかして色んな葛藤があったなかでの今だと思うので。こうやって成長している姿を見るのは、自分にとってすごいうれしいことですし、自分にとっても刺激になる」と話し、その言葉を伝えられた権田は「永嗣さんが僕の成長をうれしいと言ってくれてるのだとしたら、逆に僕を本当に成長させてくれているのは永嗣さんのおかげ。その存在はすごく大きい」とコメント。お互いが刺激し合い、リスペクトし合う様子が垣間見られた。

photo:高橋学 Manabu Takahashi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加