男性が「距離をおきたがる」女性がやっていたこと

男性が「距離をおきたがる」女性がやっていたこと

  • 愛カツ
  • 更新日:2021/11/25

「気になる人と仲良くなれたと思ったのに、最近彼が冷たいような……」

こんな声を、多くの女性から耳にします。

男性は、相手と接するなかで「げっ……この女性ヤバイかも」と思うと、そっと距離を置くもの。

どんな女性が距離を置かれやすいのでしょうか。

今回は、男性が距離を置いた女性の特徴をご紹介します。

No image

ヒマLINEが多すぎ

「マッチングアプリで知り合った子とLINEの交換をしたら『ヒマだよ』LINEが多くてうんざり。

絶対付き合ったら重いなぁと思ってそっとブロックした」(30歳男性/医療系)

見た目がタイプでも「ヒマだよ」と、かまってLINEが多いとなると……男性の性格次第ではドン引きです。

あまりにもかまってちゃんでは、交際前に逃げられてしまうかも。

相手に送るLINEの内容は気をつけましょう。

行き過ぎた節約

「気になる女性が、カップ麺や菓子パンばかり食べて節約生活をしていると聞き、いい歳して何してんだろうと興冷めした。

そこそこ給料もらっているはずなのに、健康面は気遣えないんだなぁと。

そんな生活をしていたら医療費が高くつく。結婚しても節約とか言ってケチなことを平気でしそう」(25歳男性/営業)

節約ができる女性は、家庭的に見えてステキですよね。

しかし、必要な出費も出し惜しんでしまうと、相手にただのケチだと思われてしまうかも。

それでは、賢いとは言えませんし、一緒にいてもつまらないしで、周りの人もスーッと離れていってしまう可能性があります。

節約をするのはステキですが、度を超える節約は、相手に引かれてしまうかもしれませんよ。

自慢話が多い

「初対面のときは『かわいいな~』と思ってたけど、接しているうちにどんどん自慢が増えてきて、苦手意識のほうが強くなった。

終的には俺からは一切近づきもしなかったですね」(28歳男性/広告)

自分のことが大好きなのか、みんなに「すごい」と賞賛してほしいのか、聞いてもないのに自慢話を入れる人がいますよね。

しかし、自慢の多い人は話していると、しらけてしまいませんか?

それは恋愛においても同じです。

男性も相手に自慢話ばかりされるとしらけてしまい、距離をおきたいと感じてしまうことがあるのです。

自分の自慢を誰かに聞いてほしいのもわかりますが、会話泥棒にならないよう気を付けたほうがいいですよ。

NG言動には気を付けて

あの人と距離が近づいたと思ったのに、気づいたら距離があいていた……なんてことになったら悲しいですよね。

自分では悪気なくても、相手を不快にさせていることもあります。

好きな男性の前では、少し言動に気をつけたほうがいいですよ。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加