中日 レジェンド福留を白星で送り出せず...投手陣が火だるま、本拠地の竜党もため息充満

中日 レジェンド福留を白星で送り出せず...投手陣が火だるま、本拠地の竜党もため息充満

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 中日3-9巨人(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

<中・巨>4回、交代を告げられ、マウンドで汗を拭う上田(撮影・椎名 航)

中日は23日、福留孝介外野手(45)の引退試合となった巨人戦を勝利で飾れなかった。

先発の上田が2回に、吉川、坂本の適時打で3点を失うと、4回途中、79球で無念の3失点降板(自責点2)。5回には2番手・藤嶋が中田に追撃弾を許して、リードを広げられた。さらに6回、3番手の祖父江が、先頭の7番・ウォーカーから9番の投手・井上まで3連打(井上は送りバントが内野安打に)を浴びると、吉川に2点適時二塁打、坂本にも適時打を許し、結局5連打で1死も奪えずに降板。この回5失点で本拠地の竜党もため息まじりとなった。

打線は6回にビシエドの13号ソロなどで2点を返すのがやっと。福留は9回の守備から登場し、打席では二飛に終わったが、ベンチに戻る際には万雷の拍手が巻き起こり、ベンチ前では立浪監督と抱き合って感慨にふけった。

試合終了後には、原監督からも花束が贈呈された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加