ブライアン・ジョンソン、AC/DC加入前、ジョーディー時代のライヴ映像を公開

ブライアン・ジョンソン、AC/DC加入前、ジョーディー時代のライヴ映像を公開

  • BARKS
  • 更新日:2021/04/08
No image

AC/DCのフロントマン、ブライアン・ジョンソンが、1980年にAC/DCに加入する前在籍していたバンド、ジョーディーのパフォーマンス映像2本を公開した。

◆公開された映像

1本は1973年にテレビ番組で「All Because Of You」をライヴ・パフォーマンスしたときのもので、もう1本は1975年に西ドイツの音楽番組『Pop '75』で「Goodbye Love」をプレイしたときの映像だという。ブライアンはこの2本を今週水曜日(4月7日)、自身のYouTubeチャンネルに投稿した。

ジョーディーは1973年にデビュー・アルバム『Hope You Like It』を発表し、シングル・カットした「All Because Of You」は全英チャートでバンド最高となる6位をマークした。

また、1975年に“ジョーディー(*英国北東部ニューカッスルやダラム地域の人々の愛称)”の音楽シーンを取り上げたTV番組『Geordie Scene』でFOGGというバンドと共演したときの映像も公開している。

ブライアンは最近、AC/DCからオーディションの誘いがあったとき、最初は興味がなかったが、別の仕事(CMソングの録音)でロンドンへ行くことになったため、オーディションも受けてみることにしたと話していた。早くも、このオーディションの数日後、『Back In Black』のレコーディングのためバハマ行きの飛行機に乗り込んでいたという。

Ako Suzuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加