オリ右腕との争いも「俺しかいないと...」 パで育成出身初の栄誉...西武・水上の胸中

オリ右腕との争いも「俺しかいないと...」 パで育成出身初の栄誉...西武・水上の胸中

  • フルカウント
  • 更新日:2022/11/25
No image

西武・水上由伸【写真:小林靖】

60登板で4勝35ホールド、最優秀中継ぎを同僚・平良と分け合った

狙って獲った──。「NPBアワード2022 supported by リポビタンD」が25日に都内で開かれ、パ・リーグ新人王を西武・水上由伸投手が受賞した。記者投票で有効投票267票のうち177票を獲得。2位のオリックス・阿部翔太投手(58票)、ソフトバンク・大関友久投手(10票)、ロッテ・松川虎生捕手(7票)、日本ハム・上川畑大悟内野手(5票)、ソフトバンク・野村勇内野手(3票)、同・柳町達外野手(3票)、楽天・宮森智志投手(2票)に大差をつけた。

育成選手出身のパ・リーグ新人王は初めて。2020年育成ドラフト5位で入団し、2年目の今季、60試合で4勝4敗35ホールド1セーブ、防御率1.77をマークした。7月のオールスターに出場し、最優秀中継ぎ投手賞のタイトルも同僚の平良海馬投手と分け合った。

「新人王はひそかに開幕から狙っていたので、獲れてうれしい」と明かした水上。「来年も投げなきゃ、意味がない。60試合以上投げます」と言い切る頼もしさだ。タイトルを分け合った平良は、プロ入りでは先輩に当たり、2020年に既に新人王を獲得しているが、年齢は1歳下。水上は「今年1年一緒に頑張ってきたので、2人で(最優秀中継ぎを)獲れてうれしかったですし、2人で獲れたことに意味があると思います。途中から『2人で獲れたらいいね』と話していました」と振り返る。

新人王争いでは、オリックス2年目の阿部もリリーフで44試合1勝0敗22ホールド3セーブ、防御率0.61をマークし、チームのリーグ連覇&26年ぶり日本一に貢献。甲乙つけ難い成績を残した。水上は「阿部さんは素晴らしい投手で、正直ヒヤヒヤしていましたが、後半に新人王が見えてきた頃からは『俺しかいないだろう』くらいの気持ちで投げていました。結果的に獲れてよかったです」とマウンド度胸そのままに語った。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加