ジャパンCで引退の3冠馬コントレイルをデータは後押し。好敵手シャフリヤールの勝算は?

ジャパンCで引退の3冠馬コントレイルをデータは後押し。好敵手シャフリヤールの勝算は?

  • Sportiva
  • 更新日:2021/11/25

11月28日、東京競馬場でGⅠジャパンC(芝2400m)が行なわれる。今年の最大の見どころは、昨年の3冠馬コントレイル(牡4歳/栗東・矢作芳人厩舎)が引退レースを飾れるか、ということ。先週のマイルCSで引退したグランアレグリアは有終Vを果たしているだけに、それに続きたいところだ。

No image

昨年の菊花賞で無敗の3冠馬となったコントレイルは花道を飾れるか

同馬は2歳9月のデビュー戦から、GⅢ東京スポーツ杯2歳S(東京/芝1800m)、GIホープフルS(中山/芝2000m)まで3連勝して「最優秀2歳牡馬」のタイトルを獲得。3歳を迎えてからもGI皐月賞(中山/芝2000m)、GI日本ダービー(東京/芝2400m)、GⅡ神戸新聞杯(中京/芝2200m)、そして7連勝目となったGI菊花賞(京都/芝3000m)で史上8頭目、無敗としてはシンボリルドルフ、父ディープインパクトに続く3頭目の3冠馬になった。

◆スタッフが胸躍らせる話題の良血馬。三冠牝馬ジェンティルドンナの子、マリーナドンナ

菊花賞後のGIジャパンCではアーモンドアイの2着に敗れ、今年に入ってからは、GI大阪杯(阪神/芝2000m)で3着、前走の天皇賞・秋(東京/芝2000m)で2着と3連敗。今回、引退レースとなる11戦目で、菊花賞以来のGI5勝目がかかる。

3連敗中のコントレイルだが、内容は決して悪くない。ジャパンCは歴史的名馬アーモンドアイが相手で、大阪杯は重馬場が影響した。天皇賞・秋は道中の位置取りが悪かったが、上がり3Fはメンバー中最速の33秒0と鋭い脚を見せている。

今回と同じコース・距離で行なわれた日本ダービーは3馬身差の完勝。良馬場の日本ダービーで3馬身差をつけたのは、過去20年で2007年のウオッカ、2005年のディープインパクトの2頭しかいない。いずれも日本競馬史に残る名馬である。

これまで、コントレイル以前の日本の牡馬3冠馬で、3冠達成後に現役を続けたシンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの6頭はいずれもGⅠ級レースを勝利している。さらに近年の2頭、ディープインパクトとオルフェーヴルは引退レース(有馬記念)を勝利した。コントレイルにも最後に3冠馬の意地を見せてほしいものだ。

最大のライバルになりそうなのは、今年のダービー馬シャフリヤール(牡3歳/栗東・藤原英昭厩舎)だろう。

同馬は今年、デビュー3戦目のGⅢ毎日杯(阪神/芝1800m)で重賞初制覇。続く日本ダービーでは、先に抜け出した皐月賞馬エフフォーリアをハナ差交わし、2分22秒5のレースレコードで見事にダービー馬となっている。

しかし、秋初戦の神戸新聞杯は不良馬場にたたられ、単勝1.8倍の圧倒的1番人気に推されながら4着に敗退。今回はそれ以来の出走となる。日本ダービーはハナ差とはいえレースレコード、そして上がり3F33秒4という瞬発力を見せる好内容だっただけに、良馬場なら巻き返しは必至だろう。

2頭の比較ではコントレイルが上と見るが、シャフリヤールは斤量55kgと、コントレイルより2kg軽い斤量で出走できる点は有利だ。さらに若さによる成長力も期待できるため、逆転のチャンスもあるだろう。

以上、今年のジャパンCはコントレイルの有終の美を期待も、怖い存在としてシャフリヤールを挙げておきたい。

平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加