失敗知らずのデニムとしましま!今すぐマネできるワンランク上のコーデ

失敗知らずのデニムとしましま!今すぐマネできるワンランク上のコーデ

  • FUDGE
  • 更新日:2022/05/13
No image

デニム×しましまでつくる青の装い

今日もせっせとデッキチェアを運んで、太陽の下へ。デニムジャケットから覗く大きなしましま、さらにその下にも小さなしましま。ストライプの重ね技が、コーディネートをリズミカルに活気付ける。

No image

デニムジャケット¥11000/Wrangler(リー ・ ジャパン カスタマーサービス)、シャツ¥11880/BEAMS BOY、ニットキャップ¥4400/NewEra®︎ (ともにビームス ボーイ 原宿)、ショートパンツ¥20900/Adult Oriented Robes(イルイマジン ランドスケープ)、メガネ¥32670/OliverPeoples(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、ソックス¥1980/ROTOTO(ロトト ショールーム)、シューズ¥24200/Dr. Martens (ドクターマーチン ・ エアウエア ジャパン)

色落ちデニムがもたらすレトロな風

ボーダーとデニムは鉄板中の鉄板。可愛くないわけがないのです。だからこそ、いつもは着ない色にトライするのもおすすめ。春に似合う明るい色を選んだら、色の落ちたデニムでレトロに仕上げるのが気分。

No image

デニムパンツ¥34100/Polo Ralph Lauren(ラルフ ローレン)、カットソー¥10450/ORCIVAL(ビショップ)、頭に巻いたスカーフ¥14300/BrooksBrothers(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、ソックス¥2860/PANTHERELLA(真下商事)、ローファー¥39600/REGAL(リーガル コーポレーション)

ブルーデニムで着こなすレディスタイル

大きな襟が印象的なブラウスとスリムなパンツ。上品なレディスタイルをデニム ・ オン ・ デニムで仕立てたら、ストライプのトートバッグで軽快なリズムを加えて。インディゴブルーにイエローが爽やかに映える。

No image

ブラウス¥12100/Lee(リー ・ ジャパン カスタマーサービス)、デニムパンツ¥20900/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿店)、ベルト¥3080/GEVAERT BANDWEVERIJ(ビームス ボーイ 原宿)、バッグ¥17600/A.P.C.(アー ・ ペー ・ セー カスタマーサービス)、ソックス¥550/靴下屋(タビオ)、パンプス¥18700/REGAL(リーガル コーポレーション)

デニムに太めのボーダーを合わせてレトロな装いを演出

ピッチの違いで印象が異なるボーダー柄。フレンチ気分の日は細いピッチ、アメリカンな気分の日は太いピッチを選んでみて! 色の落ちたデニムスカートとコンバースで、レトロなアメリカンカジュアルを意識。

No image

デニムスカート¥9900/Levi’s®︎ (リーバイ ・ ストラウス ジャパン)、Tシャツ¥12100/agnès b.(アニエスベー)、メガネ¥32670/Oliver Peoples(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、バックパック¥10450/JANSPORT(ユニグローブ)、ベルト¥15400/Martin Faizey(グラストンベリーショールーム)、スニーカー¥7700/CONVERSE(コンバースインフォメーションセンター)

ホワイトを効かせた軽やかなマリンスタイル

ボーダーTシャツに紺ブレザーを合わせて、マニッシュなマリンスタイルを謳歌。シューズはホワイトを選ぶのが、装いを爽やかに仕上げる秘訣です。カンカン帽のリボンも、大事なしましま要素のひとつ。

No image

デニムパンツ¥17600/MACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYOSHOKAI カスタマーサポート)、Tシャツ¥15400/Levi’s®︎ Vintage& Clothing(リーバイ ・ ストラウス ジャパン)、ジャケット[メンズサイズ]¥27500/Gymphlex(ビショップ)、ベルト¥11000/ScyeMercantile(マスターピースショールーム)、ハット¥17600/STETSON(ステットソン ジャパン)、バッグ¥262900/TOD’S(トッズ・ジャパン)、ソックス¥2860/PANTHERELLA(真下商事)、シューズ¥44000/REGAL Shoe & Co.(リーガル シュー & カンパニー)

photograph_Serizawa Shinji
styling_Akashi Emiko
hair & make_Nagasawa Aoi
model_Alice
edit_Shibata Moe〈KIP Inc.〉
design_Kawai Hiroyasu〈VIA BO, RINK〉

FUDGE vol.225 2022年4月号より

みみ小田原

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加