魚すり身でイカ「再現」 カネテツデリカが限定販売 味、食感、外見もばっちり

魚すり身でイカ「再現」 カネテツデリカが限定販売 味、食感、外見もばっちり

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/08/07

カネテツデリカフーズ(神戸市東灘区)は、調理したイカの味や食感、外見を魚のすり身だけで再現した練り製品「だいたいイカ」を開発した。同社の通販サイト限定で、数量も限定して予約を受け付けている。

No image

カネテツデリカフーズの新商品「だいたいイカ」(同社提供)

魚肉でカニやホタテ、ウナギなどを本物そっくりに再現する「ほぼシリーズ」の新作。イカは近年、地球温暖化が原因とされる海水温度の上昇などで不漁が続き、価格も高い。資源確保につながればと開発した。

「ほぼイカ」が他社で既に商標登録されていたため、「代替」の意味もかけて今回の商品名にした。

今年3月、商品化する前にテレビ番組で紹介され、芸能人が高級イカと間違えるほど再現度が高いと、交流サイト(SNS)でも話題になった。

イカのエキスは一切使わず、表面に切れ目を入れて短冊形にし、すり身を混ぜる回数などを工夫。特有の弾力などを再現した。加熱しても縮みにくく、ボリューム感もある。担当者は「お勧めは八宝菜や天ぷら、パスタの具材など。楽しく食卓を囲んでほしい」と話している。

300グラム入りで、価格は580円(送料別)。売り切れ次第、予約は終了する。29日以降に順次発送する。(赤松沙和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加