【ジャパンC】シャドウディーヴァ 馬体成長で牡馬斬りG1制覇だ

【ジャパンC】シャドウディーヴァ 馬体成長で牡馬斬りG1制覇だ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/28
No image

牡馬相手に一発をもくろむシャドウディーヴァ(右)=撮影・園田高夫

「ジャパンC・G1」(28日、東京)

シャドウディーヴァ(牝5歳、美浦・斎藤誠)は6度目にして初めて、牡馬相手のG1にチャレンジする。

それは成長の証しでもある。前走の府中牝馬Sで待望の重賞初V。4角ではまだ14番手と、届かないような位置から上がり最速となる3F33秒1の豪脚で差し切りを決めた。5歳秋を迎え、斎藤誠師は「覚醒してきた感がある」と言い放った。

もともと前向きで、オンとオフの切り替えもうまくできていたが、トモに弱さがあり体質面の成長が追いついていなかった。それが、「ようやく体と気持ちが一致してきました。トモに張りがあり、筋肉には柔らかみが出てきましたね」と、成長著しいハーツクライ産駒に目を細める。

オークス6着以来、2度目となる2400メートル戦。指揮官は「今思うとすごいメンバーでしたからね。そこで勝ちに行ってのものだし、当時とは中身も違う。距離は持つと思います。左回りでは伸びが全く違う。そこがジャパンCを選んだ理由」と自信をのぞかせる。

24日の最終リハは、美浦坂路で予定通り軽めの調整。「今のいい状態でどこまでやれるか。楽しみです」。人馬そろってのジャパンC初挑戦。今から、ワクワクが止まらない。(デイリースポーツ・村上英明)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加