【関屋記念想定】今年の東京新聞杯を制したイルーシヴパンサー、一昨年のホープフルS覇者ダノンザキッドなど18頭

【関屋記念想定】今年の東京新聞杯を制したイルーシヴパンサー、一昨年のホープフルS覇者ダノンザキッドなど18頭

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/08/06
No image

安田記念8着からの巻き返しを図るイルーシヴパンサー(撮影:下野雄規)

8月14日に新潟競馬場で行われる関屋記念(3歳上・GIII・芝1600m)。

現時点では、安田記念8着からの巻き返しを図るイルーシヴパンサー、2020年ホープフルS以来の勝利を目指すダノンザキッド、重賞2勝馬ザダルなど14頭が登録を予定している。

フルゲートは18頭。想定馬は下記のとおり。

※敬称略。◯◯は騎手未定。
※各馬とも出走予定の段階で、変更の可能性がございます。なお、netkeiba独自の想定で、確定情報ではありませんので、ご了承ください。

イルーシヴパンサー 岩田望来
ウインカーネリアン 三浦皇成
エアファンディタ 田辺裕信
エンデュミオン 秋山真一郎
ゴールデンシロップ M.デムーロ
ザダル 戸崎圭太
シュリ 津村明秀
スカイグルーヴ C.ルメール
ダノンザキッド 川田将雅
ディヴィーナ 武豊
ピースワンパラディ 柴田善臣
リアアメリア 菅原明良
レッドライデン 吉田豊
ワールドバローズ 和田竜二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加