レッドソックス吉田正尚が沖縄自主トレ終了 2月から米フロリダでキャンプ...直に聞いた渡米前の心境、WBCへの思い

レッドソックス吉田正尚が沖縄自主トレ終了 2月から米フロリダでキャンプ...直に聞いた渡米前の心境、WBCへの思い

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2023/01/25
No image

沖縄での自主トレーニングで打撃練習に取り組む吉田正尚(株式会社パムズ提供)

米大リーグ・レッドソックスに入団した吉田正尚外野手(福井県福井市出身)が1月24日、沖縄県で行っていた自主トレーニングを打ち上げた。「バットはしっかりと数を振ることができた」と渡米を前に状態の良さを語り、「WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の世界一とチームのワールドシリーズチャンピオンを大きな目標に邁進していきたい」と意欲をみせた。

福井新聞の電話取材に応じた吉田は「新しい環境になるので、すごく楽しみにしている」と2月中旬から米フロリダ州で始まるレッドソックスのキャンプや、その後のオープン戦を待ちわびる。「まず元気に動けることをアピールして、打撃面でしっかりアジャストしていきたい」と意気込んだ。

⇒吉田選手が小学校の卒業アルバムに書いた夢

自主トレーニングはプロ野球の若手選手ら6人と約3週間行ったといい、「体を起こす意味で体づくりをしてきた」と振り返った。大リーグ特有の動く球への対応や公式球の感触については「実際に自分がどう感じるかだと思う」と現地入りしてから調整していく考えを示した。

3月には初めて挑むWBCが始まる。吉田は「任されたポジションでベストを尽くすだけ」とした上で、シーズン終了までの長丁場を見据え「二つとも初めての経験になるので、しっかりとぶつかっていきたい」と決意を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加