NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
「マッチングアプリ」って結局何? 種類と特徴

「マッチングアプリ」って結局何? 種類と特徴

  • マイナビウーマン
  • 更新日:2021/07/21

マッチングアプリは、出会いを求める男女を結びつけるアプリです。

マッチングアプリでの出会いが増えている現在、自分も始めてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けにマッチングアプリの特徴や仕組みを解説。使う際の流れから、メリット・デメリットまで紹介していきます。

No image

■マッチングアプリとは?

No image

初めに、マッチングアプリがどのようなアプリなのかを簡単に解説していきます。マッチングアプリとは、恋愛や結婚を目的とした男女に出会いの場を提供するアプリです。

広義ではメルカリやクラウドソーシングなどもマッチングアプリに含まれますが、一般的にマッチングアプリという場合、男女が出会うツールを指します。

代表的なマッチングアプリは、「Pairs(ペアーズ)」「With(ウィズ)」「Tapple(タップル)」「Tineder(ティンダー)」など。1

8歳以上から利用でき、メインユーザー層は20~30代であるアプリが多いでしょう。ただし、アプリによってメインユーザーの年齢層が多少異なるので、自分の年齢に合わせて選ぶのがおすすめです。

■マッチングアプリの種類と特徴

マッチングアプリには、おおまかに「恋活アプリ」「婚活アプリ」「デートアプリ」の3種類があります。それぞれのアプリの特徴と、どんな人に向いているのかを解説します。

◇恋人探しに最適な「恋活アプリ」

No image

恋活アプリとは、恋愛をしたい男女に最適なマッチングアプリ。学校や職場で出会いがない10代~20代後半の人に向いています。

真剣に出会いを探している人向けのアプリではあるものの、「婚活はハードルが高い」という人にもおすすめです。もちろん婚活目的で利用している人もいるため、恋活アプリで出会って結婚に至るケースもあります。

◇結婚相手探しに最適な「婚活アプリ」

No image

婚活アプリとは、結婚相手を探している人に最適なマッチングアプリ。結婚を前提とした交際を希望している人が多く、恋活アプリと比較すると結婚までの流れがスムーズです。

会員の年齢層が高く、メインユーザー層は20代半ば~30代後半です。真剣度が高い分、実際に会うまでのやり取り期間は長めなのが一般的。

結婚相手を探すアプリなので、気軽な出会いを期待している人には不向き。せっかくマッチングをしても、交際や結婚に関する価値観が合わないかもしれません。

◇気軽な出会い探しに最適な「デートアプリ」

No image

デートアプリとは、すぐに会いたい人に向いているマッチングアプリ。マッチングしてから実際に会うまでがスピーディで、飲み友達を探している人なども登録しています。

恋活アプリや婚活アプリと比較すると気軽に利用できるため、会員の真剣度はかなりラフかもしれません。

真剣な恋愛対象を探すには不向きですが、短期間で出会いたい人には向いています。

■マッチングアプリで出会える仕組み

マッチングアプリの存在は知っていても、どのような仕組みなのかよく分からない人もいるのではないでしょうか。

続いては、マッチングアプリで異性と出会える仕組みを紹介します。

◇マッチングアプリで出会うまでの流れ

No image

マッチングアプリをインストールしてから、実際に会うまでの流れは以下の通りです。

*1.マッチングアプリをインストールする

2.自分のプロフィールを作成する

3.気になる異性を探して「いいね」を送る

4.相手から「いいね」の返信を待つ

5.マッチングしたらメッセージで連絡を取る

6.仲良くなったら実際に会ってみる*

マッチングアプリは原則、マッチングしないと相手とメッセージ交換ができません。気になる異性に「いいね」を送り、相手に了承してもらう必要があります。

◇男性は基本的に課金が必要

No image

男性会員は一般的に有料会員にならないと異性とメッセージ交換をすることができません。

女性会員は無料で利用できるアプリが多いものの、中には女性も有料会員になる必要があるアプリもあります。

ほとんどのアプリでは、有料会員とは別に、効率的に出会うための有料オプション機能もあります。

◇実際に会えるまでの期間

No image

マッチングしてから実際にデートできるまでの目安は、2週間程度です。

マッチングアプリは通常、マッチング後にメッセージ機能を使ってやり取りをします。メッセージ内でお互いのプロフィールや趣味について話し、気が合えば実際に会う流れとなります。

アプリによっては当日出会うことも可能ですし、時間を掛けてじっくりとメッセージのやり取りをしてから会う人もいます。

それゆえに実際に会えるまでの期間は、マッチング当日~数カ月とさまざまです。

■マッチングアプリのメリットとデメリット

異性との出会いはリアルにもあります。それなのに、わざわざマッチングアプリを利用する人がいるのは、多くのメリットがあるからです。マッチングアプリを使う3つのメリットを紹介します。

☆(1)出会いがない人でも出会える

No image

マッチングアプリは、学校や職場などで出会いがない人でも出会えるアプリです。

マッチングアプリはさまざまな年齢や経歴の人が登録しているため、普段出会えないタイプの異性とも出会うことができます。

☆(2)希望や条件に合った相手と出会える

No image

マッチングアプリでは、自分の希望や条件に合った異性と出会えるチャンスがあります。

条件検索で異性の年齢・職業・学歴・既婚歴・体型などを絞り込めるので、理想の相手を簡単に見つけられます。

☆(3)結果が出るまでが早い

No image

マッチングアプリは結果が出るまでが早く、およそ2~4カ月で交際に発展すると言われています。

「恋人が欲しい」「結婚したい」など明確な目的を持っている人が多いため、一般的な出会いよりも展開が早い傾向にあるのでしょう。

◇マッチングアプリのデメリット

マッチングアプリにはもちろんデメリットもあります。利用する前にデメリットとその対処法をチェックしておくと安心です。

☆(1)要注意人物がいる恐れがある

No image

マッチングアプリには、業者や既婚者などの要注意人物が紛れ込んでいることがあります。

遊び目的の会員がいないとは言い切れないのが事実。真剣に出会いを探している人は騙されないように注意してください。

プロフィールが空欄だらけ、すぐにLINE交換を提案してくる会員には注意した方が良いでしょう。マッチングしてもすぐには会わず、少なくとも2週間程度はメッセージ交換をすると安心です。

☆(2)有料会員の月額料金が高い

No image

マッチングアプリの月額料金が高いと感じる人もいるかもしれません。月額料金の平均は3,000円前後。オプションに加入する、課金すると月額5,000円以上かかることもあります。

マッチングアプリでは、男性は有料会員にならないと女性会員とメッセージのやり取りができないことがほとんど。つまり、男性にとって月額料金は必要コストです。一部のマッチングアプリは女性会員も有料なので、登録前に必ずチェックしてください。

☆(3)男性は積極的に動かないと出会えない

No image

これは男性の場合に特に感じやすいデメリットです。

マッチングアプリの男女比は男性の方が多いため、男性はライバルが多いです。男性は複数の女性会員に「いいね」を送るなど、積極的に動かないと出会いにくいケースもあるでしょう。

□マッチングアプリですてきな出会いを見つけよう

No image

マッチングアプリは、恋や結婚を求める独身男女が効率的に出会えるサービスです。

学校や職場で出会いがない人も、マッチングアプリであれば数か月以内に恋人ができる可能性があります。その一方で、要注意人物が紛れ込んでいる、使い方によっては利用料金がかかるなどのデメリットもあります。

マッチングアプリのメリットとデメリットを理解した上で、すてきな出会いを見つけてみてくださいね。

(すぎうら)

※画像はイメージです

マイナビウーマン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加