【府中牝馬S】7番人気サラキアが重賞初V

【府中牝馬S】7番人気サラキアが重賞初V

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

東京11R、府中牝馬Sを制したサラキア(手前)=東京競馬場(撮影・三好信也)

「府中牝馬S・G2」(17日、東京)

北村友騎乗の7番人気馬サラキア(牝5歳、栗東・池添学)が、後方から末脚を放って差し切り勝ち。毎日王冠を制した異父弟サリオスに続き、きょうだいによる2週連続重賞Vとなった。勝ちタイムは1分48秒5(重)。

2着に6番人気のシャドウディーヴァ、3着に8番人気のサムシングジャストが入った。1番人気馬のラヴズオンリーユーは5着に敗れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加