きばっちょいもす 82歳のお笑いマジシャン

きばっちょいもす 82歳のお笑いマジシャン

  • MBCニュース
  • 更新日:2021/09/15

元気なお年寄りを紹介するシリーズ「きばっちょいもす」。見ている人に笑顔を届けようと奮闘する鹿児島市の82歳のマジシャンを取材しました。

鹿児島市の赤崎治夫さん、82歳。「お笑いマジシャン」として高齢者施設などを回り、マジックを披露しています。ただのマジシャンではなく、肩書きに「お笑い」とつくのにはある理由が。

(赤崎さん・加藤さん)「わたしはツッコミ役、わたしはおとぼけ役をやってます」

赤崎さんには10年来の相方がいます。加藤秀雄さん(80)です。赤崎さんのステージは、2人のかけ合いで笑いを交えながら繰り広げられます。

この日、赤崎さんが用意したのは新聞紙。新聞紙を破って重ねること3回。

(赤崎さん)「はい、魔法をかけてください」

(加藤さん)「破った新聞紙が元の新聞紙にかえってこーい!1・2・3!」

破ったはずの新聞紙が元通りに。時には失敗もあるものの、そこは10年来のコンビ。阿吽の呼吸で乗り切ります。

2人のかけ合いは即興で繰り広げられるため、毎回、何が起きるかわかりません。筒に3色のハンカチを入れるマジックでは…

(赤崎さん)「何枚入れたけ?色を言ってみて」

(加藤さん)「えーっと…。(何色を入れたか忘れた様子)」

(赤崎さん・加藤さん)「きれいにセリフを決めてこう言ったらこう返事をしてと一切言いません。あんまり決まっていたら面白くない」

赤崎さんはかつて中学校の教員として38年間働き、校長も務めました。そして定年後に大学時代から嗜んでいたマジックを再開し、披露する機会が増えたため、20年ほど前から「お笑いマジシャン」として本格的に活動を始めました。

そして10年ほど前に、地域の高齢者クラブの忘年会で意気投合した加藤さんに赤崎さんから声をかけ、コンビを結成。2人が掛け合いをするスタイルが受け、コロナ前には多いときで月に15回ほどマジックを披露していました。

(赤崎さん)「退職というのは人生の中で非常に望みも出てくるし、逆に落ちてくるんですよ心も体も落ちてくる。そこをどう乗り切るかっていうのは高齢者の一つの課題なんですよね」

定年後に「お笑いマジシャン」として歩み始めた赤崎さんに妻・良子さんは。

(お笑いマジシャンになると聞いたときは?)「好きなことをしたかったんでしょうね。もうちょっと働いてもらいたかったけど」

(見たことある?)「たまに見ますけど、バレバレなところもあるしね」

安倍松正行さん(92)と吉見文一さん(80)。2人は赤崎さんのマジックの教え子です。師匠の前で習得したマジックを披露していました。

(安倍松さん)「いろんなところに行くと、みんな言葉をかけてくださいます。そのときは嬉しいです」

(吉見さん)「私の夢はですね、孫が8人いて、その孫の結婚式でマジックをしたいんですよ」

(加藤さん)「『一怒一老・一笑一若』一回怒れば、ひとつ年をとるそうです。一笑一若、一回笑えばですね、ひとつ若くなるそうです。だからみなさん毎日毎日笑いながら生活してください。

マジックは赤崎さんと一緒、できるまでですね。良い師匠とお知り合いになって本当うれしいです」

(赤崎さん)「もうやめはならんでしょうね。20何年やってきてるから、やめたら精神的に参ってしまうと思いますね」

赤崎さんはこれからも多くの人に笑顔を届けます。

No image

きばっちょいもす 82歳のお笑いマジシャン

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加