4月デスクトップブラウザシェア、日本はEdgeが大きく成長

4月デスクトップブラウザシェア、日本はEdgeが大きく成長

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/05/03
No image

StatCounterから2021年4月のデスクトップブラウザシェアが発表された。以下がその状況だ。

3月デスクトップブラウザシェア、日本はFirefoxよりもIE高く

日本におけるシェアは次のとおり。

世界的にデスクトップ向けWebブラウザのシェアは全体的にほぼ横ばいの傾向が続いている。変動は小さいながらも、これまで成長傾向を見せていたGoogle Chromeは横ばいないしは減少傾向を示し、Microsoft Edgeが増加、Firefoxが減少という傾向は見せている。

これに対し、日本はGoogle Chromeが横ばいないしは減少という傾向は世界と同じだが、Edgeの成長が突き抜けて高い。日本ではChromeに次いでEdgeのシェアが2位につけており、販売されているPCに最初からインストールされているEdgeをそのまま使うユーザーが多いことが推測される。

Statcounter Global Statsは、世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、これらのサイトにおける月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザ/オペレーティングシステム/画面解像度を分析したもの。

後藤大地

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加