平日夜20時45分に、男から初デートの誘い。呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由

平日夜20時45分に、男から初デートの誘い。呼び出された場所を見て、女が凍り付いた理由

  • 東京カレンダー
  • 更新日:2020/11/23

コロナ禍で、先行き不安な社会情勢。それは私たちの結婚観にも確かに影響を与えた。

孤独や不安感から「結婚したい!」という気持ちが増す女たちと、「もっと安定してからじゃないと...」と慎重になりがちな男たち。

明らかにこれまでとは様子が変わった、婚活市場。令和の東京におけるリアルな婚活事情を、ご覧あれ。

◆これまでのあらすじ

コロナ禍で婚活を始めた日奈子は、マッチングアプリで佐藤と知り合う。ところが高級鮨目当てで食事に行った仕打ちなのか、佐藤から長文の嫌味LINEが送られてきてしまった…

▶前回:デートの帰り道、男がしてきた行為にゾワッ…。高級鮨店のお誘いに釣られた女に、訪れた悲劇

No image

「うん、やっぱりここのお肉は、タレが最高〜!」

私は、渋谷『ゆうじ』で上カルビを味わいながら、感嘆の声を漏らした。

一緒にいるのは、女友達の美緒。パーカーにデニムを合わせ、いつもよりラフな格好で女同士の焼肉を楽しんでいる。

美緒との出会いは、共通の知人の誕生日パーティーだ。

経営者たちに気に入られようと必死に媚び諂う女性ばかりの中で、私たちだけが純粋にその場を楽しんでいた。

それを瞬時に感じ取ったお互いが、仲良くなるのに時間はかからなかった。

今では頻繁に二人で飲みに出かけて、近況報告する仲。そして彼女は、始まったばかりの婚活なのにさっそく戦線離脱してしまいそうになった私を、救ってくれた女神でもある。

「ほんと美味しい〜!でも、よく予約できたね。駿太郎さんにお店取ってもらったとか?」

駿太郎は、美緒のことがお気に入りな不動産経営をしているオジサンだ。てっきり今回も力を借りたのだと思っていたのだが、その予想は裏切られた。

「ううん、自分で取ったよ。駿ちゃんとはもう最近会ってないな〜」

「そっか...」

美緒は、類稀なる美貌と頭の回転の速さから、年上の経営者たちにすごくモテてきた。その武器を使い、かつては六本木の高級マンションに住んでいたことも知っている。

でも、あの頃とは纏っている雰囲気が変わり、自分の足でしっかり立っている印象を受けた。

私のように、お鮨につられて好きでもない人と食事など行かないだろう。

ネガティブに傾きそうな自分の気持ちを持ち直すため、私はグラスに残っているビールを一気に飲み干した。

若い…もう渋谷では遊べない年齢なのか、と悟る2人が向かった先は?

「ねぇ、このあとミヤシタパーク行ってみない?渋谷横丁が気になっててさ」

美緒が、唐突に提案してくる。

「え。美緒、渋谷とか行くの?なんか意外」

「いや、出会いとかは正直期待してないんだけど、そもそも同年代の男子と最近話してないなって。情報収集的な?」

「わかる。私もそうかも」

私はまだ、この東京で通用するのか、イケてる部類にいるのか。時々試してみたくなる。それは美緒ほどの可愛い子でも同じなのかと安心して、純粋に嬉しくなった。

金曜の20時半。渋谷横丁は、空席を見つけるのが困難なほど人で埋め尽くされている。

久しぶりに感じる、男女が出会いを求めるギラギラとした空気。

「女の子は意外とアラサーが多いね。でも...」

テラス席の横を歩きながら、美緒が呟く。その先の言葉は、何も言わなくてもわかった。

今日の客層がたまたまそうだったのかもしれない。いや、こちらが年齢を重ねたせいかもしれない。

とにかく、私たちが求めるような類の男性は、ここにはいなかった。

「移動しよっか?」

居ても立っても居られなくなり、先にそう言ったのは私だった。

タクシーに乗り込み、向かったのは、広尾の『EAT PLAY WORKS』。

コンパクトな空間に、個性的な店々。洗練された雰囲気も、お酒や食事のラインナップも、渋谷より私たちにしっくりきた。

美味しいパスタとワインのおかけで平静を取り戻したものの、周りはカップルか、落ち着いたオトナの男女のグループばかり。

出会いを探しに来るための場所ではないことは、すぐにわかった。

「日奈子がマッチングアプリ使う意味、やっとわかったよ。こんなに綺麗なのに何故?って思ってたけど...」

美緒が独り言のように呟いた。

「でしょ」
「うん...」

「でさ、次、この人に会おうと思ってるんだけど。どう思う?」

私は、登録しているマッチングアプリを開き、相手のプロフィールを美緒に見せる。

「35歳、外資金融?いいね。レピュテーションリスクを避けたいから、業界的にはコロナでリストラってあまりないって言うよね。

もともとリスクは付き物の職業かもしれないけど、優秀だろうから、今後も何かあったときに生き抜く力はありそう。今ってさ、相手が仕事何してるかって、重要じゃない?」

自分のことを棚に上げて、相手の男性の仕事にケチをつけるなんて最低だと思う。

だけど相手の経済力で、女性の結婚後の生活は変わることが多い。それは、昔も今も大きく変わらない。令和の東京でもだ。

No image

若い頃にちやほやされればされるほど、いい思いをすればするほど、相手の理想が高くなる。

可愛いと思ったカバンや靴は、お金を理由に諦めたくないし、試したい高級化粧品や、やってみたい美容医療も、永遠に尽きることはないだろう。

だから甘えさせてくれるのであれば、そうしたいと願ってしまうのだ。

欲を言えば、どんな世界でも、いかなる状況でも、この人なら絶対大丈夫だと思える、個の力がある人が理想だ。

でも、そんなスペシャルないい男が私を選ぶわけなどない。それも十分にわかっている。

外資金融ハイスペ男子との食事なのに、指定された場所が…

白ワインを一本開けて、私たちは小1時間で広尾を後にした。

美緒のお墨付きをもらった外資金融勤務の田中とのデートは、来週だ。私は気を取り直し、ポジティブ思考へと切り替えた。

店の詳細は送られてこないが、外銀男子は忙しいのだろう。そう思えば何の不満も生まれない。

だがそれから音沙汰がないまま何日か過ぎ、結局、店の場所が送られてきたのは当日の16時だった。

『田中 慶介:こちらに20時45分で予約してあります。よろしくお願いします!』

ー20時45分...?

私は、一般職の普通のOLだ。定時は17時半。

もっと早く言ってくれたら、美容院でトリートメントしたり、ネイルの予約でも入れたのに、当日では行きつけのサロンの予約ができない。

雑居ビル内のマッサージなら空いているだろうが、横になれば髪が崩れる。カフェで時間を潰すしかないと諦め、何気なく田中から送られてきたURLをタップする。

「えっ?」

女子トイレで、思わず声を出してしまった。

それもそのはず。田中が指定してきた店は、年収何千万も稼いでいるであろう男性のイメージとはかけ離れていたからだ。

客単価は、3,000円。それはまだいいのだが、グルメサイトの評価が、3.06...

安価でも、評価の高い店ならアリだと思う。美味しかったら女友達と一緒に行きたいし、そういう店はいくつ知っていても損はない。

しかし評価も低いとなると、一気にテンションは下がる。

たかが一食。されど一食だ。

私に会うためのコストをかけたくないのだということが、嫌でもわかってしまった。

しかも、20時45分まで待たなくてはいけないのだ。こんなにワクワクしない食事が他にあるだろうか。

しかしドタキャンもできない。店の場所が送られてきているから、予約をしているならお店に迷惑もかかる。

私は、仕方なくスタバで時間を潰した。いつもならカロリーを気にして飲まない季節限定の甘いラテを飲み、ケーキも食べた。Netflixでファッションが可愛いラブコメを一気見しても、気分は全く上昇しない。

ようやく時間となり、指定された店へ向かった。

もしかしたらすごくいい人かもしれないという僅かな期待をして、ブラウンレッドのリップをさっと塗り直す。

No image

「はじめまして。美波日奈子です」

「田中慶介です。写真より綺麗ですね!緊張するなぁ」

田中との食事は、思ったほど悪くなかった。

頭が良い人との会話はスムーズだし、ギラついた感じもなく誠実そうだ。

しかしガヤガヤとうるさい店内に、可もなく不可もなく胃を満たすだけの食事は、やはり物足りない。美味しい料理があればそれだけで会話が成立するのに。

付き合うなら、食の趣味が合う人がいい。というか、女性との食事に妥当な店を選ぶセンスがある人がいい。

もしまた会いたいと言われても、断わろう。そう心に決めた次の瞬間だった。

「お互い、良い人に出会えるといいですね」

ーん?

田中から遠回しに、NGの判定を受けてしまった。

断る手間が省けてよかったと思うより先に、悔しい感情が沸き上がる。

ー私の何がダメだった?

楽しそうに会話したつもりだし、相手の話も相槌を打ちながら真剣に聞いていた。田中の稼ぎを当てにしたり、専業主婦になりたいオーラも出していないはずだ。

「そうですね」

一言、そう返すのが精一杯だった...。

こうして、理由が記されることのない不採用の通知が届いた時と似た、やるせない気持ちのまま、私はマッチングアプリでの二度目のアポを終えた。

▶前回:デートの帰り道、男がしてきた行為にゾワッ…。高級鮨店のお誘いに釣られた女に、訪れた悲劇

▶Next:11月28日 土曜更新予定
友達に紹介してもらった男性に一目惚れ!?しかしハイスペックすぎて…

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加