張本智和VS石川佳純 夢の日本代表対決「サーブ効かない」半年ぶり卓球界再始動

張本智和VS石川佳純 夢の日本代表対決「サーブ効かない」半年ぶり卓球界再始動

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

男女日本代表の対決で張本智和(手前)のサーブを待つ石川佳純

「卓球・Tリーグ・2020JAPANオールスタードリームマッチ」(14日、大田区総合体育館)

無観客で開催され、日本代表選抜とTリーグ選抜で対戦した第1部は、5-4でTリーグ選抜が勝った。日本代表の男子と女子が対戦した第2部は、東京五輪代表の張本智和(木下グループ)と石川佳純(全農)が対戦するなど夢のカードが実現して熱戦を繰り広げ、女子が2-1で勝利。新型コロナウイルスの影響で3月から大会が中断している卓球界は、再開への第一歩を踏み出した。

日本代表の男子と女子が真剣勝負で対戦するという夢のカードが実現した。1失点ごとに選手が入れ替わる勝ち残りルールで、いきなり張本対石川という先発で始まると、まずは張本が得点。第2ゲームの1-7でも石川と張本が対峙(たいじ)し、今度はサーブ権を持つ張本が3球目で強打を狙ったものの、石川のレシーブを返せず大きくはじいた。

張本は「(石川は)球筋がきれい。間近で受けることができて、新しい経験ができた」と振り返り、女子との対戦は「男子にないサーブの回転、プレーの速さがある」と刺激になった様子。一方、石川は小学生時代の張本と対戦したことがあるといい「張本君にはサーブが全然効かなかった」と成長に脱帽した。

女子にサーブ権と4点先行のハンディが与えられたとはいえ、最後は全日本女王の早田ひな(日本生命)が全日本王者の宇田幸矢(明大)からサービスエースを奪い殊勲の勝利を決めた。早田は「このような機会は人生で一度あるかないか。すごく楽しかったし、最後の1本はうれしすぎた」と声を弾ませた。

新型コロナウイルスの影響で3月を最後に国内外の大会が全て中止となっていた卓球界だが、半年ぶりに再始動。石川は「久しぶりの試合で、いい緊張感の中で試合できた。ここから新しい一歩になる」と来夏の東京五輪に向けて弾みをつけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加