[巳(へび)年]1/13~2/11の運勢 難局の克服は成長への近道と心得て

[巳(へび)年]1/13~2/11の運勢 難局の克服は成長への近道と心得て

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/01/12

巳(へび)年

1月13日(水)~2月11日(木)の運勢

No image

これからのひと月は、試練のとき。公私とも試される場面が多くなりそうです。

仕事面では、無理めのノルマを課されるかもしれません。同僚からのいやがらせに遭うかもしれません。

あるいは、専門外の部署に異動になるかもしれません。新しい職を探さないといけない人も出てくるかもしれません。

苦しい試練となる人もいるでしょう。しかし、この山場を乗り越えられれば、あなたの技量は格段に高まります。明るい未来が待っています。

気力と体力を振り絞り、与えられた課題を乗り越えていってください。

不用意に愚痴や不満をこぼすのもNG。それを告げ口され、足を引っ張られる可能性が。外ではスキを見せないよう用心しましょう。

プライベートでも暗雲が立ち込める予感。

特に注意したいのは、口げんか。些細なことで揉めやすいときです。不満があっても、口や態度に出すことなく、やりすごす必要がありそう。

先月同様、負けるが勝ちの精神で、賢く立ち回ってください。

もちろん、話し合いができる状況なら、それに越したことはありません。

フリーの人は、良縁か否かを見極める試練のとき。交際を始める前には、相手のことをよくよく観察することが大切です。

健康面で注意したいのは、胸のむかつきや不快感、肺活量の低下。

この時期、相性がいいのは、丑(うし)、酉(とり)年。

距離を置いたほうがいいのは、寅(とら)、申(さる)、亥(いのしし)年の人。

吉方位は、南と西。避けたほうがいいのは、北と東。

※次回更新日は2月9日(火)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

巳(へび)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

一対の「豼貅(ひきゅう)」が、邪気を払い、あなたを守ってくれます。

古代中国の伝説の動物である豼貅は、金銀財宝を食べ、蓄えるといわれ、中華圏では厄よけや招財の神獣として知られています。

風水では、雌雄一対の豼貅の置物を飾るのが基本。

雄がお金を呼び込み、雌がそのお金を守るとされています。

災いが福と転じるよう、お願いしましょう。

雌雄の豼貅をオフィスのデスクの上やリビングに飾ってください。

その際は、必ず顔が外を向くよう配することが重要です。

日本でも風水ショップなどで取り扱いがあるので、この機会に手に入れてください。

すでに持っている人は、水で洗ってから再登場願いましょう。

この時期のラッキーカラーは、赤、白、黄。避けたほうがいいのは、黒と緑色。

※次回更新日は2月9日(火)

巳(へび)年・基本性格

頭の回転が早く、物事の処理能力に長けた人。そのうえ手先が器用で、手工芸や料理が得意な人が多く“手に入らないなら、作ればいい”と、手早く自作して、周囲を驚かせることもありそう。

また、バイタリティにあふれ、行動的。責任感も強く、これと決めたことは、困難があっても粘り強くやり抜きます。

明るく人当たりも良いので、学生時代には学級委員や生徒会長に選ばれ、活躍した人もいるのでは。

社会に出てからは、優秀な人材として早くから頭角を現し、着実に結果を出すタイプです。

スマートな立ち居振る舞いで“デキる人”“聡明な人”というイメージを持たれやすいキャラクターですが、時々、空気を読まない不用意な発言で、皆に引かれてしまうことがありそう。悪気がなくとも、心の声のダダ漏れには要注意。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加