JFA田嶋会長、治療薬研究協力のため採血「五輪へ コロナに打ち勝つための一つの努力」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/16

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が15日、東京五輪組織委員会理事会後にオンライン取材に応じ「五輪をやるんだという雰囲気だった」と明かした。自身はこの日、福島県立医科大で進める新型コロナウイルス治療薬研究に協力するため採血を行った。3月に感染した会長は「血液を提供して抗体を採取する。五輪へ(コロナに)打ち勝つための一つの努力」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加