子どもの人口が40年連続で減少 世界でも最低水準

子どもの人口が40年連続で減少 世界でも最低水準

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/04
No image

動画を見る(元記事へ)

子どもの数が40年連続で減少しています。

総務省は今年4月1日現在の人口推計を発表しました。

15歳未満の人口は前の年より19万人少ない1493万人で1982年から40年連続の減少となり、過去最少となりました。

また、総人口に占める子どもの割合は11.9%で、1975年から47年連続で低下しています。

この割合はアフリカ諸国の40%台より大幅に低く、欧米諸国や中国、韓国などと比べても日本が最も低い水準となっています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加