逆転負けの広島・佐々岡監督「八回の難しさ、まだまだ課題が残っている」首位陥落

逆転負けの広島・佐々岡監督「八回の難しさ、まだまだ課題が残っている」首位陥落

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/15
No image

8回、同点にされワンアウトも奪えずに途中降板するターリー(左端)=撮影・立川洋一郎

「広島3-5ヤクルト」(14日、マツダスタジアム)

広島は八回に2番手・ターリーが村上に一発を浴びるなど乱調で逆転負け。連勝は4でストップし、首位も陥落した。

佐々岡真司監督は先発の森下について「真っすぐの精度が悪かったというか、真っすぐが強振されているところ、森下もマウンドで修正していたと思うし、そういうところはさすが。粘り強く最少失点で抑えてゲームを作ってくれたとは思いますけどね」と振り返った。

三回には坂倉が今季チームとして初めて盗塁を刺した。そこから森下も状態を上げていった。

「そういうところは森下がマウンドでいろいろ感じながら修正なりしていたと思うし、坂倉もよくあそこで刺してくれて乗れていったと思うので、まあ展開的に勝たしてあげないといけないところでしたね」

八回はターリーが打ち込まれた。

「まあ今、八回というところはね。4番から始まる、うーん、まあ、今八回のところは決められないところで、流動的に、まあこっちがそれは判断した中で投げさしたのでそこは流動的にいかないといけないんですけど。八回の難しさ、まだまだ課題が残っていますね」

15日は新外国人のアンダーソンが先発。首位を取り返す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加