バスケット=五輪金の米代表女子選手、ロシアが1カ月拘留延長

バスケット=五輪金の米代表女子選手、ロシアが1カ月拘留延長

  • ロイター
  • 更新日:2022/05/14

[13日 ロイター] - 東京五輪の女子バスケットボールで金メダルを獲得した米国代表のブリトニー・グライナー選手(31)がロシアで拘束されている問題で、ロシアの裁判所は勾留期間を1カ月延長した。同選手の弁護士がロイターに明かした。

No image

東京五輪の女子バスケットボールで金メダルを獲得した米国代表のブリトニー・グライナー選手(写真)がロシアで拘束されている問題で、ロシアの裁判所は勾留期間を1カ月延長した。同選手の弁護士がロイターに明かした。埼玉で2021年8月撮影(2022年 ロイター/Brian Snyder)

グライナー選手は、ニューヨークからモスクワの空港に到着した際に「大麻オイルと液体」が含まれるカートリッジを所有していたとして、2月から拘束されている。ロシア税関当局は当時、同選手が5年から10年の禁錮刑となる可能性があると述べていた。

これに対し、米国務省の報道官はグライナー選手が「不当に」ロシアで拘束されているとし、解放のために尽力するとの声明を出している。

同報道官は、米国大使館の職員が13日の聴聞会に出席し、グライナー選手と会話をしたとし、「ブリトニー・グライナー選手が極めて困難な状況としか言いようのない状況下で、どうにか元気にしていることを確認できた」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加