KEFのワイヤレススピーカー「LSX II」が7月以降に順次発売決定! ワイヤレスでの音楽再生はもちろん、テレビやPCとつないでいい音が楽しめる、コンパクトな実力派

KEFのワイヤレススピーカー「LSX II」が7月以降に順次発売決定! ワイヤレスでの音楽再生はもちろん、テレビやPCとつないでいい音が楽しめる、コンパクトな実力派

  • Stereo Sound ONLINE
  • 更新日:2022/06/23
No image

KEFのサイトで先行公開されていた、新製品ワイヤレススピーカー「LSX II」が正式にリリースされた。

LSX II ¥231,000(ペア、税込、7月以降順次発売)

[ 関連記事を読む - ワイヤレススピーカー ]

No image

以前のリポートでも紹介した通り、LSX IIは従来モデル「LSX」シリーズの後継モデルで、デザインや本体サイズ等は先代モデルを踏襲している。

ワイヤレス再生機能については、LS50Wireless IIと同じ「W2ワイヤレスプラットフォーム」を採用。HDMIとUSB Type-C端子が追加されたことにより、テレビやノートパソコン、デスクトップパソコンと組み合わせて使うのもぴったりだ。

なお今回からアプリのKEF Connectも使えるようになっており、Amazon Music、Qobuz、Tidal、Deezerやポッドキャストをストリーミング再生できる。さらにApple AirPlay 2とGoogle Chromecastにも対応済みで、それぞれのデバイスから音楽信号をストリーミング可能。Bluetoothを使ってスマホから音楽再生も楽しめる。

NAS(ミュージックサーバー)からの再生もでき、ファイルフォーマットはDSD、FLAC、WAV、AIFF、ALAC、AAC、WMA、MP3、M4A、リニアPCM、OggVorbisが使える。MQA信号もフルデコードできるそうだ。

搭載されたドライバーはLSXシリーズ用に開発された第11世代Uni-Qで、同軸ユニットならではの定位感を楽しめるはずだ。またサブウーファー出力を1系統備えているので、2.1chシステムを構築してもいい。

No image

プライマリスピーカーの背面端子。各種音楽信号はこちらに入力して、セカンダリースピーカーにはLANケーブル、またはワイヤレスで伝送する

音楽信号はプライマリスピーカー(初期設定は右チャンネル、アプリで切り替え可)に入力し、もうセカンダリスピーカーとは有線(LAN端子)または無線で伝送する仕組みだ。

対応信号は最大384kHz/24ビットのリニアPCMに対応(ネットワーク接続時)。ただし、内部信号処理は96kHz/24ビットで行い、L/R間は有線接続時には96kHz/24ビット、ワイヤレス接続時には48kHz/24ビットで伝送する。ハイレゾ音源等を頻繁に試聴するなら、L/Rスピーカーは有線接続した方がいいだろう。

ドライバーを駆動するアンプは、片チャンネルに2基内蔵するマルチアンプ仕様。ウーファーとトゥイーターをそれぞれ専用アンプでドライブすることで、部屋いっぱいに広がる豊かなサウンドを実現したそうだ。

またルームチューニング機能も搭載しており、KEF Connectアプリからのサウンド設定により、LSX IIを最適な状態に調整することができる。またKEFのサブウーファーを簡単に接続できるように、Room EQにはサブウーファーのプリセットが含まれており、システムの性能を最大限に引き出してくれる。

No image

仕上げはカーボンブラック、ミネラルホワイト、コバルトブルー、ラヴァレッド、Soundwave by Terence Conran エディションを準備

今回、LSX IIの音を聴かせてもらうことができた。L/R間をワイヤレス接続した状態では、ビッグバンドの演奏は点音源らしく定位が明瞭、若干音にめりはりが付く印象で、聴きやすいサウンドと感じた。ヴォーカル曲も定位がクリアーで、力が漲る。リバーブ感は若干整理される方向で、声がより際立ってきた。

映画のサントラは横方向に音場が広がり、作品の期待感を盛り上げるサウンド。映画音楽を楽しむにはうってつけの聴こえ方だ。音量を絞ってもバランスがいい。どの楽曲でもS/Nがいいので、安心して音楽を楽しめるのもメリットだ。

「LSX II」の主なスペック

●使用ユニット:19mmアルミドーム型トゥイーター+115mmマグネシウム/アルミニウム合金製ウーファー同軸Uni-Q
●再生周波数特性(-6dB、85dB/mで計測):49Hz〜47kHz
●アンプ出力(1本):LF 70W+HF 30W
●最大出力(SPL、1mで計測):102dB
●音源解像度:ネットワーク=最大384kHz/24ビット、光デジタル入力=最大96kHz/24ビット、USB Type-C=最大192kHz/24ビット、HDMI=最大1.411Mbps PCM
●接続端子(プライマリ):HDMI入力(ARC)、光デジタル入力、USBType-C、アナログ入力(3.5mm)、イーサネット(ネットワーク用)、サブウーファー出力(RCA)、他
●寸法/質量:W155×H240×D180mm/7.2kg

No image

KEFのコンパクトなワイヤレスHiFiシステム「LSX II」で、素晴らしいサウンドと 爽快な体験を。

あらゆるホームエンタテインメントのニーズを満たすハイファイシステムの決定版

jp.kef.com

No image

KEFが、新ワイヤレススピーカー「LSX II」の情報をいち早く公開! コンパクトなワイヤレスHiFiシステムで、素晴らしいサウンドと爽快な体験を届ける - Stereo Sound ONLINE

KEFジャパンのサイトで、興味深い新製品ワイヤレススピーカー「LSX II」の情報が公開されている。
正式リリース日は6月23日とのことで価格や発売日の詳細は不明だが、現行の「LSX」シリーズの後継モデルで、インダストリアル・デザイナー、Michael Young氏によって企画されたモダンでミニマルなデザインが採用され、同時に素晴らしいリスニング体験を提供するための技術革新と比類なきコネクティビティを特徴としているそうだ。
独自のW2ワイヤレスプラットフォームも新型に進化し、包括的な接続オ...

online.stereosound.co.jp

Stereo Sound ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加