マッチングアプリの過酷な男女格差とは? 女性医師が登録してわかった構造的な問題と対処法

マッチングアプリの過酷な男女格差とは? 女性医師が登録してわかった構造的な問題と対処法

  • ノービオ
  • 更新日:2021/11/25

こんにちは。男性向け美容クリニックMen’s Clara Clinic 院長の神林由香です。美容外科専門医としてYouTubeやTwitterなどでもメンズ美容についての情報を発信しています。

男性向け美容クリニック院長の女性医師に聞いた「マッチングアプリで人気になるためのポイント」

NOVIOでの連載にあたって、自分自身も実際にマッチングアプリに登録してみたのですが、その体験を通してわかったマッチングアプリの構造的な問題と対処法を「マッチングアプリ考察」としてお話しします。

【いいね〜マッチング段階】女性の心には「謎のベンチマーク」が?

マッチングアプリに登録してみて実感したのは、女性が置かれている状況が、リアルな出会いの場とは大きく変わるということ。

効果的な攻略法や、やりがちなNG行為も違うので、まずはこの「女性が置かれている状況」について解説します。

基本的にマッチングアプリは男性が「いいね」を送って、女性はそこから選ぶ、という状況になっています。

人気の女性には常に大量の「いいね」が来て、さらにリアルでも複数のアプローチが来ていたりすると、アプリの男性1人に対して使える時間は少なく、どんどん取捨選択されていきます。

このとき女性の心の中には、ベンチマークとなる誰かが存在している可能性があります。それは、

・一番好きだった元カレ

・現在一番気になっている誰か

・いつか読んだ少女漫画の登場人物

・心で思い描いている理想の王子様

・お父さんやお兄さん

・仲の良い女友達の素敵な彼氏

など。アプローチしてきた男性は、常に誰か別の男性(謎のベンチマーク)と無意識に比較されているかもしれないのです。

例えば、顔写真→「うーん、◯◯ちゃんの彼氏の方がイケメン」、職業→「やっぱりお父さんくらいのステータスは欲しい」、収入→「元カレの方が上じゃん」などと、あらゆる要素をひとつひとつ因数分解して検討する気持ちにさせるのがマッチングアプリ。

何人ものベンチマークとの戦いを強いられる過酷な環境、になってしまっている可能性があります。

つまり、リアルな出会いと比べて女性の理想が高くなってしまいがちな構造があるんですね。

【マッチング〜初回デート段階】ここに至るまでに男女の間に温度差が

謎のベンチマークとの比較に勝ち、めでたくマッチングして、実際に会うというフェーズに至ったとしても、その時点で男女の間には大きな温度差があります。

男性からすると、たくさん「いいね」を送ってはスルーされ、マッチングした人とメッセージのやりとりを重ねては離脱され、というように数々のハードルを超えて初デートに至るため、意気込みがちです。

ところが女性は、よくわからないけどとりあえず会ってみてもいいかなという半信半疑の状態で初デートにやって来ます。

これにより、初デートの段階で男女間で温度差が生まれやすくなってしまうんです。

この構造により「会った瞬間に彼氏ヅラをしてしまい女性に引かれてしまう」という悲劇が起きたりもします。

マッチングアプリの構造を理解し、初対面で意気込みすぎないように気をつけましょう。

会える確率を高めるならトップ写真を爽やかに

「男性有料」「女性無料」のアプリが多いことから分かるように、マッチングアプリは基本的に、女性より男性にとってチャレンジングな仕組みとなっているもの。

実際に会うフェーズにたどり着くまでが最大の難関だと思いますが、その確率を上げるためには「除外されないこと」が重要ポイントです。

男性は、自分のすごさをアピールしたいと思いがちですが、女性は、特にイヤなところがなければ会ってみようかな、となることも多いです。

つまり、とりあえず「会う」というフェーズに行くまでの確率を上げるのであれば、プロフィールは尖ったものよりも、一般的に嫌われそうな要素を排した無難なものにするのがよいでしょう。

また、「いいね」がたくさん送られてくる女性からすると、どうしてもひとりひとりのプロフィールをじっくり見る時間がなく、トップ写真がよかった人のプロフィールだけを見ることになります。

そのため、トップ写真が本当に重要になります。もはやマッチングアプリはトップ写真品評会と言ってもいいのかもしれません。

写真で選ばれがちといっても、必ずしもイケメンである必要はありません。人気ランキング上位にいる男性の共通点は、イケメンかどうかより、「爽やかな雰囲気」であることです。

「マッチングアプリ プロフィール写真 プロ」などで検索すると出てくる、一般の方の爽やかに写っている写真を参考に、髪型や服装を整えて撮ってみることで他の男性に差をつけることができるでしょう。

マッチングアプリは男性にとって過酷な環境ですが、構造を知っておくことで戦略的に動くことができます。ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

神林由香プロフィール

「Men’s Clara Clinic」 院長。日本皮膚科学会正会員。日本抗加齢学会正会員。メンズヘルス医学会会員。美容外科専門医(JSAS)。東京大学理科2類中退後、2011年香川大学医学部卒。 東京女子医科大学病院初期研修、東京女子医科大学病皮膚科入局、2016年大手美容外科都内分院スキンクリニック院長などを経て現職。Twitterや自身のYouTubeチャンネルにて、日々メンズ美容情報を発信している。

取材・文=前川ミチコ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加