ミセス・インターナショナルに京都出身藤本ゆかりさん、着物文化発信したい

ミセス・インターナショナルに京都出身藤本ゆかりさん、着物文化発信したい

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

グランプリに輝いた藤本ゆかりさん(右)(撮影・佐藤勝亮)

「ミセス・インターナショナル&ミズ・ファビュラス日本大会」が1日、都内で行われ、ファイナリスト13人の中から、藤本ゆかりさん(41)清水由希野さん(39)眞柄真有奈さん(33)の3人がグランプリに輝いた。

京都府出身の、藤本さんは「すごく驚いていて、コンテストに挑戦したことで、周りの方に応援していただいた。感謝しています」と喜んだ。

世界大会に向け「着物文化を、世界に発信したい。日本のかたにも着物文化を、知っていただきたい」と、力を込めた。

「ミセス・インターナショナル」は米国・ウェストバージニア州に本部を置き、約40年以上の歴史を持つ、21~56歳までの既婚女性を対象とした、コンテスト。3人は、7月に米国・テネシー州で開催される世界大会に出場予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加