阪神、首位固めへローテ再編 D2位・伊藤将、残った!ノーゲームも光った3回0封

阪神、首位固めへローテ再編 D2位・伊藤将、残った!ノーゲームも光った3回0封

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

阪神のドラフト2位・伊藤将司投手(24)=JR東日本=が1日、先発した広島戦で3回無失点と好投。三回途中で降雨ノーゲームとなったが、評価をさらに高めた。矢野燿大監督(52)は先発ローテーションの再編を明かしたが、2連勝中の左腕はこれまで通り、土曜日を任される。“サタデー将司”で勝利をもたらす。

滝のような豪雨で、無傷の3連勝を目指した一戦は中止。それでも、ドラフト2位・伊藤将(JR東日本)が3回無失点と結果を出し、再編される先発ローテーションに残った。“定位置”の土曜日に投げ続ける。

「天候が悪いことは分かっていたので、テンポよく投げていく意識は強く持っていました」

一回先頭の菊池涼に左前打を浴び、羽月の遊ゴロで一塁走者が入れ替わると、鈴木の打席で二盗を決められ、いきなり1死二塁のピンチを背負った。それでも、鯉の3、4番をともに二ゴロに打ち取り、無失点発進。二回も会沢の左越えの二塁打に死球も絡み、その後1死一、三塁とされたが、小園を136キロで遊ゴロ併殺に仕留めた。

「立ち上がりが悪かった中で、ああいった形(併殺)で粘ることができ、無失点で抑えられたことは良かった」

4月7日の巨人戦でプロ初勝利(7回1失点)、前回24日のDeNA戦は堂々の完投勝利。右肩上がりの新人左腕について、矢野監督は「(伊藤)将司の状態は良かったからね、それはプラスに捉えて。良い状態は続いているな、というのはきょうも確認できた」と大きくうなずいた。

この日の試合前練習中、指揮官は自ら秋山と外野の芝生の上で言葉を交わし、先発ローテの再編を告げていた。4日のヤクルト戦(神宮)からの5試合。チェンは外国人枠の兼ね合いで登録抹消も考えられたが「現状ではDeNA戦で先発するのが一番いいのかな」と明かした。チェンは中7日でDeNA戦(7日、横浜)に向かうことが濃厚となったため、登板機会がなくなる秋山は抹消される可能性があり、11日からの中日3連戦(甲子園)に回るとみられる。

「また1週間ある中で、しっかり調整していきたい。両親や友人も喜んで見てくれているので、もっと喜んでもらえるように勝ち星を伸ばしていきたい」と伊藤将。新人離れした安定感で新しいローテにも名を連ねた。雨で流れた白星も、すぐにつかんでみせる。(新里公章)

★ここまでの伊藤将

春季キャンプは1軍。ブルペンで調整するとともに「完投できる体力をつけたい」と走り込みなどで体力強化を図った。2月中旬に高橋が右脇腹を痛めて離脱。貴重な左のローテ候補として白羽の矢が立った。教育リーグでも好投し、開幕3戦目を任された。

伊藤 将司(いとう・まさし)

1996(平成8)年5月8日生まれ、24歳。千葉県出身。横浜高では2年夏、3年春に甲子園出場。3年夏は県大会準決勝敗退。国際武道大に進学し、1年秋から千葉県大学リーグで登板。大学通算24勝。2、3年時は大学日本代表。JR東日本では主に先発で登板。2021年D2位で阪神入団。契約金7000万円、年俸1300万円。左投げ左打ち。178センチ、85キロ。背番号「27」

No image

雨粒を受けながらも、伊藤将は安定した投球をみせた(撮影・榎本雅弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加