佐藤輝明「ファンの方々の熱感じた」初巨人初甲子園

佐藤輝明「ファンの方々の熱感じた」初巨人初甲子園

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 2回裏阪神無死一塁、中前打を放つ佐藤輝(撮影・清水貴仁)

<阪神6-2巨人>◇6日◇甲子園

阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(22)が甲子園公式戦デビューの第1打席で安打を刻んだ。

巨人との「伝統の一戦」に6番右翼で先発し、2回にサンチェスから中前打を放ち、2点先制に貢献。7回は右翼フェンス際へ本塁打を思わせる大飛球でどよめかせた。チームは7回裏終了降雨コールドゲームで今季2度目の3連勝。首位を守った。さあ次は大型ルーキーの聖地初アーチを待とう。

◇   ◇   ◇

降り注ぐ雨とともに、虎党の拍手を全身で浴びた。佐藤輝が初の巨人戦、それも甲子園デビュー戦で打った。2回の第1打席。無死一塁で打席に入ると、ボルテージが一気に上がった。先発サンチェスが投じた3球目、145キロの内角直球を中前へ運んだ。「内をずっと攻められて、これまで捉えることができていなかったですが、今日は内をしっかり捉えてセンター前に打つことができたので良かった」。一塁ベース上で客席から拍手喝采を聞いても、ルーキーは表情を変えずその瞬間をかみしめた。

「雨の中でしたけど、打席のネクスト(バッタースサークル)や外野を守っていてもファンの方々の熱をすごく感じた。その期待に応えることができるように、これからここ(甲子園)でしっかり頑張っていきたいと思いました」

試合前まで打率1割2分9厘。4日中日戦では9試合目で初めてスタメン落ち。結果が出ず、苦しんでいたが「自分の打ち方をすることができれば、インコースも捉えることができる」と信じた。仁川学院では甲子園に縁のなかった男が、応援を力に10打席ぶりの安打を放った。

聖地で思う存分「佐藤輝明」を表現した。7回の第4打席、2死一塁で5番手ビエイラと対戦。初球156キロ直球を豪快に空振りすると、くぎ付けのファンはさらにのめり込んだ。2球目159キロで内角をえぐられても表情は変わらない。3球目140キロスライダーを振り抜くと、打球は右翼へ上がった。球場に一番のどよめきが起き、矢野監督も「甲子園じゃなければホームラン」という大きな当たりは右飛に終わった。それでも指揮官に「もっといい場面で打って、アイツらしくベースを1周してくれたらいい」と言わしめるのが、佐藤輝が大物たるゆえんだ。7回コールドゲームとなり、佐藤輝がこの試合最後の打者。力と力の勝負で見せ場は作った。

チームは3連勝で貯金4。宿敵をたたき首位固めだ。矢野監督は「今の野球でいくぞとか、チームとして、自分らを押してくれる1勝になると思う。そういう意味では勝ちで、ジャイアンツで、甲子園で、開幕スタートできたというのはいいこと」と手応えを得た。昨季は8勝16敗。9年連続負け越し中のライバルをいきなり打ち砕いた。【中野椋】

▼阪神がシーズン10試合消化時点で首位は、18年4月11日広島戦に勝って以来、3年ぶり。なおセ・リーグ優勝した5シーズンのうち、10試合時点で首位は64、85、05年と3度ある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加