【甲子園】京都国際が8、9回に計4点奪い今大会初の延長戦に突入

【甲子園】京都国際が8、9回に計4点奪い今大会初の延長戦に突入

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇第104回全国高校野球選手権大会・1回戦 京都国際ー一関学院(2022年8月6日 甲子園)

No image

<一関学院・京都国際>9回1死二、三塁、京都・平野は同点の右前2点適時打でガッツポーズ(撮影・井垣 忠夫)

京都国際-一関学院の一戦は今大会初の延長戦に突入した。

序盤は一関学院がプロ注目左腕・森下瑠大(3年)から3回までに4点を奪うなど試合を優位に進めた。

ところが、1-5の8回に京都国際が2点を返すと、3-5の9回は1死二、三塁の好機で平野順大(3年)が右前に2点打を放って同点に追いつき、土壇場で延長戦に持ち込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加