「きついなあという方がいたら...」 三浦春馬さん遺作「カネ恋」、共演者が見せた視聴者への「気遣い」に「涙でた」

「きついなあという方がいたら...」 三浦春馬さん遺作「カネ恋」、共演者が見せた視聴者への「気遣い」に「涙でた」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/09/16

俳優の三浦春馬さん(以下、春馬さん)の遺作となった連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系)の初回が2020年9月15日夜に放送された。

No image

ドラマで春馬さんと共演した三浦翔平さん(以下、翔平さん)は、番組放送前に俳優の佐藤健さんとともにライブ配信アプリに登場。番組を見ることに複雑な思いを抱く視聴者に対して「気遣い」の言葉をかけていた。

佐藤健「春馬がお金にルーズな男性ってことだよね」

「おカネの切れ目が恋のはじまり」は松岡茉優さん演じる「清貧」な主人公と、春馬さん演じる浪費癖のある御曹司によるラブコメディー。翔平さんは主人公が思いを寄せる「お金の専門家」を演じている。

ドラマの撮影期間中に春馬さんが亡くなったため、全4話完結となった。春馬さんの「遺作」となった作品への注目度は高く、初回放送後の15日夜11時台には番組名を略した「#カネ恋」が日本のツイッタートレンド1位になった。

そんな番組が始まる直前、佐藤さんと翔平さんは視聴者と通話を楽しめるライブ配信アプリ「SUGAR」に登場し、2人でトーク配信を行った。どちらも、春馬さんとの親交が深かったことで知られている。

配信ではやはり、春馬さんと翔平さんが出演するドラマが話題になった。佐藤さんがドラマの内容を尋ねると、翔平さんは「あのー、カネ恋、えー、やっぱりね、あのー...」と言葉を選びつつ、

「7月にちょっと、僕らの仲間の春馬くんが、逝っちゃいましたけれども、彼と茉優ちゃんの、松岡茉優ちゃん演じるお金にすごく厳しい女性、そしてお金にものすごくルーズな男性が出会い、そこからどうなっていくのかというドラマなんですけれども」

と返す。

その後の会話では、佐藤さんが「春馬がお金にルーズな男性ってことだよね」と聞くと、翔平さんは「そうそうそう」と答える。佐藤さんは「じゃ一話はまだ見てないんだ」と尋ね、翔平さんは「見てないですよ。ちゃんと。一緒に見ようと思いまして」と返した。春馬さんの死後、佐藤さんが公の場で春馬さんについて言及したのはこれが初とみられる。

「翔平くんの優しさに涙」「彼らの思いやりが溢れていた」

配信中、2人はファンとのやりとりを楽しんだ。そして、配信終了間際には、放送される「カネ恋」について、翔平さんがこんなことを口にした。

「みなさんもね、もしちょっと(観るのが)きついなあという方がいたら、無理せずで結構ですので。(無理のない)タイミングで観ていただければ...」

番組を観ることに複雑な思いを抱く視聴者に向けた翔平さんの「気遣い」。ツイッター上では、

「本来なら" 是非見てね "って言うはずの番宣で " 無理しないでね "と言ってくれた翔平くんの優しさに涙でた」「翔平くんの言葉に彼らの思いやりが溢れていた」「今日を色んな思いで迎えたと思うのにありがとうございました」

と翔平さん、そして一緒に配信を行った佐藤さんに対する感謝の声が広がった。

翔平さんは番組放送後に自身のインスタグラムのストーリーで「ご覧頂きありがとうございました。慶太(三浦さん演じる御曹司の役名)の笑顔は素敵でしたね」と語っている。

No image

ひさびサーフ♂️楽し過ぎちゃった♂️ #w三浦 #surf
shohei miura/三浦翔平 (@shohei.63)がシェアした投稿
2019年 9月月27日午前5時09分PDT
from Instagram

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加