「男の俺でも惚れる」 西武右腕“イケメン変則フォーム”奪三振ショーにファン恍惚

「男の俺でも惚れる」 西武右腕“イケメン変則フォーム”奪三振ショーにファン恍惚

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/17
No image

西武・森脇亮介【画像:パーソル パリーグTV】

16日のオリックス戦では7回に登板、3者連続三振で今季9ホールド目

■西武 2-1 オリックス(16日・メットライフ)

西武の森脇亮介投手が16日、敵地でのオリックス戦の7回に3番手で登板。3者連続三振にねじ伏せ、今季9ホールド目を挙げた。イケメン右腕の変速フォームから繰り出される威力ある弾に、ファンは惚れ惚れした。

1点リードの7回。マウンドに上がった森脇は先頭の宗をフォークで空振り三振に仕留めると、続く松井雅は146キロ直球で見逃し三振に。最後は福田を外角のカットボールで見逃し三振に仕留め、役目を果たした。

端正なマスクをした28歳は、左足を挙げたあとに一度止まるような変則フォーム。「パーソル パ・リーグTV」のYouTubeチャンネルは「森脇亮介 イケメンなのに変則フォーム…華麗に奪三振まとめ《THE FEATURE PLAYER》」と題して奪三振ショーの動画を公開。ファンからは「めちゃくちゃ好きなフォーム」「打てる球無かったで、ほんまに。すっげ。」「イケメンでパパで完璧なリリーフなの、男の俺でも惚れる」「このイケメン タイミングとりずらそうだ」などと驚きの声が上がっていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加