広島・九里が「11」、坂倉は石原の後継者「31」...各球団発表、20日の背番号は?

広島・九里が「11」、坂倉は石原の後継者「31」...各球団発表、20日の背番号は?

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/20
No image

広島・坂倉将吾【写真:荒川祐史】

九里は今季20試合登板、8勝6敗、防御率2.96をマーク、初めて規定投球回数をクリア

広島は20日、九里亜蓮投手、坂倉将吾捕手、矢崎拓也投手が来季からの背番号が変更することを発表した。

九里は今季開幕からローテーションを守り、20試合登板、8勝6敗、防御率2.96をマークし、初めて規定投球回数をクリア。背番号は「12」から池谷公二郎、紀藤真琴、ルイス、福井優也ら主戦投手が付けていた「11」に変更。

坂倉は「61」から今シーズン限りで現役を引退した石原慶幸捕手の「31」を背負うことになった。2016年ドラフト1位の矢崎は「13」から「41」に変更された。

■セ・リーグ
【広島】
九里亜蓮投手 「12」→「11」
矢崎拓也投手 「13」→「41」
坂倉将吾捕手 「61」→「31」(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加